Windows10:WSL環境を初期化(リセット)する方法

Windows10のWSL(Windows Subsystem for Linux)は、Linux互換のプログラム実行環境を簡単に導入できることから、学習用途・検証用途などで利用されている方もいると思います。ただ、使い込んでくると、パッケージをインストールし過ぎたり、さまざまな変更によって動作が不安定になることがあります。

そんなときは、WSL環境に導入したLinux互換のプログラム実行環境(UbuntuやDebianなどのストアアプリ)を「リセット」することで簡単にインストール直後のクリーンな状態に戻すことができます。

ここでは、WSL環境に導入したLinux互換のプログラム実行環境をリセットする方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

項目
OS Windows10 Professional 64bit バージョン1809

手順

通常、Windowsアプリケーションを初期化するときは、アプリケーションをいったんアンインストールしてから、再度インストールし直したりしますが、Microsoft Store経由でインストールしたアプリケーション(ストアアプリ)は、「リセット」という操作を行うことで、簡単に設定を初期化できます。

WSLのLinux互換プログラム実行環境もストアアプリなので、このリセット操作によって、簡単にインストール直後の状態に戻すことができます。手順は、次のとおりです。

まず「スタート」メニューから「設定」画面を開き「アプリ」をクリックします。

「アプリと機能」画面が開くと、インストール済みのアプリが一覧表示されているので、対象となるアプリ(Linuxディストリビューション)のアイコンをクリックし、リンク「詳細オプション」をクリックします。

「詳細オプション」画面には、アプリの仕様などが表示されており、そこにいくつかのボタンがあります。アプリを初期化するには「リセット」ボタンをクリックします。

以上で操作完了です。

リセット処理は数十秒ほどで完了し、アプリはインストール直後の状態に戻ります。

まとめ

WSLの前身である「Bash on Ubuntu on Windows」のときは、lxrunコマンドを使って再インストールする必要がありましたが、現在のWSLでは、上記のようにカンタンな方法で環境を初期化でき、とても便利になりました。

スポンサーリンク