Windows10の「設定」アプリで特定の項目のみ表示/非表示にする方法

Windows10の「設定」アプリで特定の項目のみ表示/非表示にする方法

Windows10では、OSの設定の多くを「設定」アプリから行いますが、複数のユーザーが利用するようなパソコンでは、ユーザーが「設定」アプリを使ってOSの設定を勝手に変更すると困ることもあるでしょう。

Windows10の「設定」アプリで特定の項目のみ表示/非表示にする方法

「設定」アプリの画面

そのようなとき、Windows10ではレジストリやグループポリシーで「設定」アプリそのものにアクセスできないよう制限するだけでなく、特定の項目のみを制限することもできます。

そこでここでは、Windows10の「設定」アプリで、特定の項目を非表示にする方法を紹介します。

Windows10で「設定」アプリや「コントロールパネル」へのアクセスを制限する方法
Windows10の設定を変更する場合、たいていは「設定」アプリや「コントロールパネル」から行うことになりますが、利用環境によっては、ユ...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1

レジストリで設定する場合

レジストリで設定する場合は、管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、表示させたくない項目を指定してコマンドを実行します。

たとえば「更新とセキュリティ」にある「回復」項目を表示させたくない場合は、以下のようにコマンドを実行します。

> reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer /v SettingsPageVisibility /t REG_SZ /d hide:recovery /f

コマンド実行後「この操作を正しく終了しました。」と表示されれば、設定完了です。

Windows10の「設定」アプリで特定の項目のみ表示/非表示にする方法

設定は即時で反映され「更新とセキュリティ」にある「回復」項目が表示されなくなります。

Windows10の「設定」アプリで特定の項目のみ表示/非表示にする方法

デフォルトの画面

Windows10の「設定」アプリで特定の項目のみ表示/非表示にする方法

非表示に設定したときの画面

なお、どの設定項目を非表示にするかは、コマンドの「/d」部分で表示させたくない項目を「hide:」で指定し、複数の項目を非表示にする場合は、セミコロン(;)で区切って指定します。また、特定の設定項目だけを表示させたい場合は「hide:」ではなく「showonly:」で指定します。

「設定」アプリの項目ごとの名称は、以下の記事で紹介しています。

Windows10の設定ページをコマンドで素早く開く方法
Windows10で、設定ページを開く場合、通常はスタートメニューからから「設定」アプリを起動して、目的のページを開くというのが一般的で...

設定を戻すときは

設定をデフォルトの状態に戻したいときは、管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、以下のコマンドを実行します。

> reg delete HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer /v SettingsPageVisibility /f

グループポリシーで設定する場合

グループポリシーで設定するときは、管理者ユーザーでサインインし「ローカルグループポリシーエディター(gpedit.msc)」を起動します。

「ローカルグループポリシーエディター」を起動したら、画面左側から「コンピューターの構成」>「管理用テンプレート」>「コントロールパネル」を選択し、画面右側で「設定ページの表示」をダブルクリックします。

Windows10の「設定」アプリで特定の項目のみ表示/非表示にする方法

設定画面が開いたら「有効」を選択して「設定ページの表示」欄に表示させたくない項目を指定して「OK」をクリックします。

たとえば「更新とセキュリティ」にある「回復」項目を表示させたくない場合は「hide:recovery」と入力します。

Windows10の「設定」アプリで特定の項目のみ表示/非表示にする方法

入力値は、レジストリで設定するときと同じように、表示させたくない項目を「hide:」で指定し、複数の項目を非表示にする場合は、セミコロン(;)で区切って指定し、逆に特定の設定項目だけを表示させたい場合は「hide:」ではなく「showonly:」で指定します。

設定は即時で反映され「更新とセキュリティ」にある「回復」項目が表示されなくなります。

設定を戻すときは

「設定ページの表示」設定を「未構成」に設定することで、デフォルトの状態に戻せます。

あとがき

なお、ここで紹介している方法では、すべてのユーザーに設定が適用されますが、グループポリシー設定では、管理者以外のユーザーにのみ制限を適用したり、特定のユーザーやグループにのみ適用するといった設定も可能です。

詳しい設定方法は、以下の記事をご覧ください。

Windows10でローカルグループポリシーをユーザーまたはグループ単位で適用する方法
ワークグループ環境で、Windows10の設定をカスタマイズしたり制限したりするときの設定方法の一つに「ローカルグループポリシー」で設定...

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ