Windowsマシンに適用されているローカルグループポリシーを一括解除する方法

Windowsマシンに適用されているローカルグループポリシーを一括解除する方法

Windowsマシンを設定・制御するとき、ローカルグループポリシーを利用して設定することがあります。

ローカルグループポリシーは、専用のエディターを利用して設定しますが、設定時だけでなく設定を解除する時も一項目ずつ行わなければならず、項目数が少なければ一つずつ解除するのもそれほど面倒ではありませんが、項目数が多くなれば一つずつ解除するのは面倒です。

そこで、ここではワークグループ環境のWindows10マシンを例に、適用されているすべてのローカルグループポリシーを一括で解除する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2

ローカルグループポリシーを一括解除する

適用されているローカルグループポリシーを一括解除するには、Windowsに管理者ユーザーでサインインして、以下の2つのフォルダーを削除します。

なお、いずれのフォルダーも「隠しフォルダー」のため、エクスプローラーから削除するときは「表示」タブで「隠しファイル」にチェックを入れないと表示されません。

  • C:\Windows\System32\GroupPolicy
  • C:\Windows\System32\GroupPolicyUsers

なお、環境によっては「GroupPolicyUsers」フォルダーは存在しない場合があります。

Windowsマシンに適用されているローカルグループポリシーを一括解除する方法

Memo

コマンドでフォルダーを削除する場合は、管理者権限でコマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを実行します。

> rd /s /q %SystemRoot%\System32\GroupPolicy
> rd /s /q %SystemRoot%\System32\GroupPolicyUsers

フォルダーを削除したら、Windowsを再起動すれば完了です。

解除されているか確認するときは

適用されていたポリシーがすべて解除されたかは、管理者権限でコマンドプロンプトを起動して「gpresult /v」コマンドを実行することで確認できます。

Windowsマシンに適用されているローカルグループポリシーを一括解除する方法

コマンド実行結果の「コンピューターのポリシーの結果セット」および「ユーザーのポリシーの結果セット」に表示されている項目がすべて「N/A」と表示されていれば、適用されているポリシーはありません。

Windowsマシンに適用されているローカルグループポリシーを一括解除する方法

Windowsマシンに適用されているローカルグループポリシーを一括解除する方法

あとがき

ほとんどのポリシーは、ここで紹介している方法で適用を解除できますが、セキュリティの設定など、一部の設定はポリシーの適用を解除しても元の値に戻らないことがあります。

そのため、万全を期す必要があるなら、面倒でも一つずつ確認しながら解除することをおススメします。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ