アプリケーションをまとめてインストール・更新する(Ninite)

WindowsPCのセットアップで一番面倒なのが、アプリケーションやツールのインストール・更新ではないでしょうか。ここでは、これらのインストール・更新を楽にするサービス「Ninite」について紹介します。

Niniteを使えば、最新バージョンのアプリケーションやツールのインストール・更新が簡単に、そして効率よく行えます。

アプリケーションのインストールが面倒

WindowsPCをセットアップするときには、Webブラウザーやメールクライアントなど、お気に入りのアプリケーションやツールをインストールすると思いますが、アプリケーションごとにダウンロードサイトからインストールパッケージをダウンロードして、一つ一つインストールしなければならないのはとても面倒ですよね。

さらに、これが複数台ともなると、考えただけでもげんなりしてしまいます。

アプリケーションを一発インストール

この面倒なアプリケーションのインストールを、一発で行ってくれるのが「Ninite」というサービスです。

利用方法も以下のように簡単です。

NiniteのWebページで「1. Pick the apps you want」からインストールしたいアプリケーションにチェックを入れます。

インストールしたいアプリケーションにチェックを入れたら「2. Download and run your custom installer/updater」にある「Get Your Ninite」ボタンをクリックします。すると、インストーラーをダウンロードできます。

あとは、ダウンロードしたインストーラーを実行するだけで、チェックしたアプリケーションを自動的にインストールしてくれます。

うれしいのは、各アプリケーションのインストールウィザードが自動化されており、何も操作しなくてもインストールが完了することです。(ただし、インストールフォルダーなどの指定はできません。)

また、作成したインストーラーを別のPCで実行すれば、そこでも同じアプリケーションやツールを一発でインストールできます。

注意点

インストールできるアプリケーションやツールは、画像を見ていただければ分かるとおりメジャーどころは網羅されているようですが、日本語環境向けのアプリケーションには対応していません。まぁ、米国発のサービスであることを考えると致し方ないところかと思います。

それでも、ブラウザー・メーラーなど必要なアプリケーションの多くをまとめてインストールできるのはありがたいです。

まとめ

Niniteのサービスには「Ninite Pro」という有償サービスもあり、これを使えばWebブラウザーから、もしくは企業向けの運用管理ツールと連携させて、PCへのアプリケーションの配布や更新を集中管理できます。

昨今のセキュリティ事故の中には、アプリケーションの脆弱性が放置されていたことが原因の場合も多いことを考えれば、OSだけでなくメジャーな3rdパーティソフトウェアについても、このようなサービスを活用して、しっかりとした更新管理が必要ではないでしょうか。

スポンサーリンク