Windows10向けの新ターミナルアプリ「Windows Terminal」を使ってみた

2019年6月21日に、Microsoftから新しいターミナルアプリ「Windows Terminal」が早期プレビュー版として公開されました。

ここでは、「Windows Terminal」の特徴や使用感を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1903
Windows Terminal 0.2.1715.0

「Windows Terminal」とは

Windows10には、コマンドプロンプト・PowerShell・WSL(Windows Subsystem for Linux)などのそれぞれにコンソールアプリが用意されていますが、互換性維持のため、これ以上機能を強化するのが難しくなっているようです。

そのため、よりモダンなアプリとして「Windows Terminal」が、新たにオープンソースプロジェクトとして開発されているようです。

GitHub - microsoft/terminal: The new Windows Terminal, and the original Windows console host -- all in the same place!

「Windows Terminal」の特徴は、次のとおりです。

  • 最新版のWindows10(バージョン 1903)以上で利用可能
  • Microsoft Storeから無償ダウンロード
  • コマンドプロンプト・PowerShell・WSLなど、複数のシェルをタブで切り替え
  • ターミナルの背景色や壁紙のカスタマイズ
  • UnicodeおよびUTF-8のサポート
  • GPUアクセラレーションによる高速テキストレンダリング

「Windows Terminal」を使ってみる

「Windows Terminal」は「Microsoft Store」から、通常のストアアプリを同じ手順で入手することができます。

インストールしたら、スタートメニューから起動できます。

「Windows Terminal」を起動すると、以下のような画面が表示されます。

なお、デフォルトで起動するシェルは、環境により異なるようですが、私の環境には「PowerShell Core 6.2」がインストールされているので、「PowerShell Core」が既定のシェルとして起動しました。

また「Windows Terminal」から起動できるシェルも環境により異なりますが「PowerShell Core」「Windows PowerShell」「コマンドプロンプト」「WSLのBash」などが選択できるようです。

タブによる切り替え

「Windows Terminal」では、複数のシェルを起動して、タブで切り替えながら利用できます。

設定

各種設定についてはメニューの「Settings」から行います。

ただ、現時点ではGUIの設定画面は無く、JSONファイルが開くので、このファイルを編集して設定することになるようです。

ちなみに、以下の画面は、設定ファイル(JSONファイル)をメモ帳で開いたところです。

JSONファイルを編集して設定する方法については、Microsoftの中の人による以下のWebページが参考になります。

Windows Terminal Microsoft Store Preview Release | Windows Command Line Tools For Developers

ちなみに、JSONファイルを編集することで、以下のような設定が可能です。

  • 背景に画像を指定
  • カラースキームの変更
  • フォントやフォントサイズの指定
  • キーバインドの変更

あとがき

コマンドプロンプト・PowerShell・WSL(Windows Subsystem for Linux)などのコマンドラインツールをよく利用している方は、試してみてください。

まだ早期プレビュー版のため、動作に不安定なところも多々ありますが、製品版が待ち遠しいと思わせるアプリです。

なお、製品版は今年の冬に公開予定らしいです。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る