Windows10でサインイン(ログオン)画面にカスタムメッセージを表示する方法

Windows10でサインイン(ログオン)画面にカスタムメッセージを表示する方法

企業などでWindowsを利用する場合、パソコンの利用者にメッセージを送りたいときがあります。

そのようなとき、メールなどを利用して送るのも手ですが、確実に利用者の目に留まるようにしたい場合は、Windows10のサインイン(ログオン)画面にカスタムメッセージを表示する方法もおススメです。

そこでここでは、Windows10でサインイン(ログオン)画面にカスタムメッセージを表示する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H2

グループポリシーで設定する

Windows10のサインイン(ログオン)画面にカスタムメッセージを表示するには、グループポリシーで設定する方法と、レジストリで設定する方法があります。

グループポリシーで設定する場合の手順は、次のとおりです。

スタートボタン右の検索ボックスに「gpedit.msc」と入力し、検索結果から「ローカルグループポリシーエディター」を選択します。

Windows10でサインイン(ログオン)画面にカスタムメッセージを表示する方法

ローカルグループポリシーエディターを起動したら、左側のツリーから「コンピューターの構成」>「Windowsの設定」>「セキュリティの設定」>「ローカルポリシー」>「セキュリティオプション」を選択します。

Windows10でサインイン(ログオン)画面にカスタムメッセージを表示する方法

画面右側にポリシーが一覧表示されるので、以下の2つのポリシーを設定します。

  • 対話型ログオン:ログオン時のユーザーへのメッセージのタイトル
  • 対話型ログオン:ログオン時のユーザーへのメッセージのテキスト

Windows10でサインイン(ログオン)画面にカスタムメッセージを表示する方法

「対話型ログオン:ログオン時のユーザーへのメッセージのタイトル」をダブルクリックして、表示するメッセージのタイトルを入力して「OK」をクリックします。

Windows10でサインイン(ログオン)画面にカスタムメッセージを表示する方法

「対話型ログオン:ログオン時のユーザーへのメッセージのテキスト」をダブルクリックして、表示するメッセージの本文を入力して「OK」をクリックします。

Windows10でサインイン(ログオン)画面にカスタムメッセージを表示する方法

以上で、次回のサインイン画面では、設定したメッセージが表示されるようになります。

なお、メッセージ画面で「OK」をクリックすると、いつものサインイン画面が表示されます。

Windows10でサインイン(ログオン)画面にカスタムメッセージを表示する方法

レジストリで設定する

レジストリで設定する場合の手順は、次のとおりです。

管理者権限でPowerShellまたはコマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを順に実行します。

C:\> reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System" /v legalnoticecaption /t REG_SZ /d "ここにメッセージのタイトルを入力します" /f
C:\> reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System" /v legalnoticetext /t REG_SZ /d "ここにメッセージの本文を入力します" /f

それぞれのコマンドを実行後「この操作を正しく終了しました。」と表示されていることを確認したら、Windowsを再起動することで設定が適用されます。

Windows10でサインイン(ログオン)画面にカスタムメッセージを表示する方法

メッセージを非表示に戻すときは

メッセージを表示しない通常の状態に戻すときは、グループポリシー設定・レジストリ設定ともに値を空に設定することで、元の状態に戻ります。

あとがき

ドメイン環境ならグループポリシーで設定し、ワークグループ環境やHomeエディションのマシンに設定したい場合は、レジストリで設定するのが効率的でしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ