Windows10で「Microsoft XPS Document Writer」を削除する方法

Windows10で「Microsoft XPS Document Writer」を削除する方法

Windows10には、デフォルトで「Microsoft XPS Document Writer」という仮想プリンターが搭載されています。

これは、文書ファイルなどをXPS形式ファイルへ変換するための機能ですが、XPS形式ファイルを利用することなんてほとんどない、という方が多いのではないでしょうか。

そこで、ここではWindows10で「Microsoft XPS Document Writer」を削除する方法を紹介します。

Memo

「XPS」は、使用する機種やOSに関わらず同じ見た目で文書を閲覧・印刷することができる文書ファイルの形式で、「PDF」への対抗としてマイクロソフト社が開発しましたが、現在では文書ファイルの電子化ではPDFが広く使用されており、XPS形式のファイルを利用する機会はほとんどないでしょう。

https://4thsight.xyz/13230

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2

「Microsoft XPS Document Writer」を削除する

「Microsoft XPS Document Writer」は「Windowsの機能」から削除することができます。

手順は、次のとおりです。

まず、スタートメニューなどから、Windowsの「設定」アプリを起動して、一覧から「アプリ」を選択します。

Windows10で「Microsoft XPS Document Writer」を削除する方法

「アプリ」画面が開いたら「アプリと機能」にある「オプション機能」をクリックします。

Windows10で「Microsoft XPS Document Writer」を削除する方法

「オプション機能」画面が開いたら、一番下までスクロールして「関連設定」にある「Windowsのその他の機能」をクリックします。

Windows10で「Microsoft XPS Document Writer」を削除する方法

「Windowsの機能」画面が開くので、一覧から「Microsoft XPS ドキュメント ライター」のチェックをオフにして「OK」をクリックします。

Windows10で「Microsoft XPS Document Writer」を削除する方法

すると、機能の削除が行われ「必要な変更が完了しました。」と表示されたら「閉じる」をクリックします。

Windows10で「Microsoft XPS Document Writer」を削除する方法

以上で、作業完了です。

なお「Microsoft XPS Document Writer」が必要になったときは、先ほどの「Windowsの機能」からインストールすれば、再び利用できるようになります。

あとがき

ちなみに、XPS形式ファイルを閲覧するためのツール「XPSビューアー」も、Windows10のバージョン1803以降では、デフォルトではインストールされなくなり、必要な場合は上の手順の「オプション機能」画面から追加する必要があります。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ