Android端末持ちならWebブラウザからもSMSの送受信ができます。

Android端末持ちならWebブラウザからもSMSの送受信ができます。

Android公式アプリ「Android メッセージ」の新機能として「Messages for web」が追加されました。

この機能によって、Androidユーザーはスマートフォンを使っていなくても、WebブラウザからSMS(MMS)の送受信ができます。

ここでは「Messages for web」の利用を開始する手順と、「Android メッセージ」に追加されたその他の機能をカンタンに紹介します。

「Messages for web」を利用するには

「Messages for web」の利用を開始する手順は、次のとおりです。

PCのWebブラウザで「https://messages.android.com」にアクセスします。

すると、以下のようなQRコードが表示された画面が表示されるので、そのままの状態にしておきます。

Android端末持ちならWebブラウザからもSMSの送受信ができます。

つぎに、Androidスマホで「Androidメッセージ」を開き、アプリ右上のその他アイコンをタップして「ウェブ版Androidメッセージ」を選択します。

Android端末持ちならWebブラウザからもSMSの送受信ができます。

「QRコードをスキャン」ボタンをタップするとカメラが起動するので、PC画面上に表示させたのQRコードをスキャンします。

Android端末持ちならWebブラウザからもSMSの送受信ができます。

以上で、PCのWebブラウザにスマホのメッセージアプリと同じような画面が表示され、スマホと同じ感じでメッセージの送信ができます。

Android端末持ちならWebブラウザからもSMSの送受信ができます。

おまけ

「Android メッセージ」には、他にも新しい機能が追加されています。

アニメーションGIF画像の送信

アニメーションGIF画像を選んで、送信できるようになりました。

Android端末持ちならWebブラウザからもSMSの送受信ができます。

リンクプレビュー

URLなどのリンクをプレビュー表示することができます。

Android端末持ちならWebブラウザからもSMSの送受信ができます。

上以外にも、送られてきたワンタイムパスワードや認証コードを簡単にコピー&ペーストできる機能や、AIによる返信候補表示機能「スマートリプライ」が「Android メッセージ」で使えるようになったようです。ただ、「スマートリプライ」は日本語への対応はまだのようです。

あとがき

連絡先に登録している相手とSMSと使ってメッセージのやり取りすることが多いなら「Messages for web」は結構便利ではないでしょうか。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ