Windows10で「Microsoft Defener ファイアウォール」を無効化する方法

Windows10で「Microsoft Defener ファイアウォール」を無効化する方法

Windows10には、セキュリティ対策機能の一つとして「Microsoft Defender ファイアウォール」が標準搭載されています。

「Microsoft Defender ファイアウォール」は、ネットワーク通信をルールに基づいて制御することで、悪意のあるソフトウェアなどが、ネットワークやインターネットを経由してパソコンにアクセスするのを防いでくれていますが、まれに正常な通信をブロックしてしまい、ソフトウェアが正常に動作しなくなることがあります。

そのようなときは、一時的にファイアウォールを無効化できれば、原因がファイアウォールなのかを判別することができます。

そこでここでは、Windows10で「Microsoft Defener ファイアウォール」を無効化する方法を紹介します。

Memo

なお、ファイアウォール機能を搭載したサードパーティーのセキュリティ対策ソフトをインストールしている環境では、セキュリティ対策ソフトの設定から無効化しなければならないケースがあるのでご注意ください。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1

「Microsoft Defender ファイアウォール」を無効にする

「Microsoft Defender ファイアウォール」を無効にする手順は、次のとおりです。

まず、タスクトレイにある「Windowsセキュリティ」のアイコンをクリックします。(Windowsの「設定」から「更新とセキュリティ」>「Windowsセキュリティ」をクリックしてもOKです。)

Windows10で「Microsoft Defener ファイアウォール」を無効化する方法

「Windowsセキュリティ」画面が表示されるので「ファイアウォールとネットワーク保護」をクリックします。

Windows10で「Microsoft Defener ファイアウォール」を無効化する方法

「ファイアウォールとネットワーク保護」画面が表示されるので、現在アクティブなネットワークプロファイル(以下の画像では「プライベートネットワーク」)をクリックします。

Windows10で「Microsoft Defener ファイアウォール」を無効化する方法

ネットワークプロファイルの画面が表示されるので「Microsoft Defender ファイアウォール」のスイッチをクリックしてオフに設定します。

Windows10で「Microsoft Defener ファイアウォール」を無効化する方法

以上で「Microsoft Defender ファイアウォール」を無効にできます。

あとがき

「Microsoft Defender ファイアウォール」などのセキュリティ対策機能を無効化すると、パソコンがぜい弱な状態になるので、無効化したまま放置することがないようご注意ください。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ