Android端末の連絡帳アプリ「Googleコンタクト」の機能を使いこなす。

Android端末の連絡帳アプリ「Googleコンタクト」の機能を使いこなす。

Android端末で、連絡先を管理する連絡帳アプリとしてGoogeが提供している「Googleコンタクト」を利用されている方も多いのではないでしょうか。

Googleコンタクトでは、連絡先を登録する、登録した連絡先に電話を掛ける・メッセージを送る、登録した連絡先をバックアップするといった基本機能以外にも次のような便利機能が搭載されていますが、意外と知られていないように思います。

  • 着信相手によって着信音を変える
  • 連絡先をグループ分けする(グループにメッセージやメールを一斉送信する)
  • 連絡先をパソコンで編集する
  • 連絡先をエクスポート/インポートする

そこでここでは、上に挙げたAndroid向け連絡帳アプリ「Googleコンタクト」の便利機能を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他の機種やバージョンでは、操作方法や動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Google Nexus 5X(Android)8.1.0
Googleコンタクト

着信相手によって着信音を変える

「Googleコンタクト」では、電話の着信相手によって着信音を変えることができます。

手順は、次のとおりです。

「Googleコンタクト(連絡帳)」を起動して、個別の着信音を設定したい連絡先を開いている状態で、右上の「︙」をタップし、メニューから「着信音を設定」をタップします。

Android端末の連絡帳アプリ「Googleコンタクト」の機能を使いこなす。

着信音の選択画面が表示されるので、好みの着信音を選択して「OK」をタップします。

Android端末の連絡帳アプリ「Googleコンタクト」の機能を使いこなす。

なお、デフォルトで用意されている着信音以外にも「着信音を追加」をタップすれば、端末に保存されているMP3形式の音声ファイルを指定することもできます。

Android端末の連絡帳アプリ「Googleコンタクト」の機能を使いこなす。

以上で、設定した連絡先からの着信したときに、ここで設定した着信音が鳴るようになります。

電話が掛かってきたときに、着信音で誰からの着信か判断できるので便利です。

連絡先をラベルでグループに分ける

登録した連絡先はデフォルトで50音順に表示されていますが、登録数が多くなると目的の連絡先を探すのが大変です。

そのようなときは、連絡先にラベルを付けてグループに分けるのがおすすめです。

手順は、次のとおりです。

「Googleコンタクト(連絡帳)」を起動して、画面左上の「≡」をタップして、メニューから「ラベルの作成」をタップします。

Android端末の連絡帳アプリ「Googleコンタクト」の機能を使いこなす。

ラベル名の入力画面が表示されるので、任意のラベル名を入力して「OK」をタップします。

Android端末の連絡帳アプリ「Googleコンタクト」の機能を使いこなす。

作成したラベル画面が表示されるので、右上のアイコンをタップして、ラベルを付けたい連絡先を選択します。

Android端末の連絡帳アプリ「Googleコンタクト」の機能を使いこなす。

以上で、連絡先にラベルを付けてグループ分けできます。

特定のラベルが付いた連絡先を表示したいときは、画面左上の「≡」をタップし、ラベル欄からラベルをタップすることで、特定のラベルが付いた連絡先のみを表示できます。

登録している連絡先の数が多い場合は、まずラベルで絞り込めば、目的の連絡先を探しやすくなります。

Android端末の連絡帳アプリ「Googleコンタクト」の機能を使いこなす。
Android端末の連絡帳アプリ「Googleコンタクト」の機能を使いこなす。

なお、ラベル画面右上の「︙」をタップすれば、ラベル名の変更などのほかに、特定のラベルが付いた連絡先にメールやメッセージを一括送信することもできます。

Android端末の連絡帳アプリ「Googleコンタクト」の機能を使いこなす。

連絡先をパソコンで編集する

「Googleコンタクト」に登録した連絡先は、Googleアカウントに同期(バックアップ)されているため、Android端末以外にも、パソコンのWebブラウザから同じGoogleアカウントの「https://contacts.google.com」にアクセスすることで、編集することができます。

Android端末の連絡帳アプリ「Googleコンタクト」の機能を使いこなす。

スマホで登録した連絡先をパソコンで利用することがあるなら便利です。

連絡先に画像を表示する

Googleコンタクトに登録した連絡先に表示されるアイコンには、連絡先の相手がGoogleアカウントを利用しており、プロフィール画像を設定していればそれが表示され、それ以外は人型のアイコンや連絡先の最初の文字が表示されていますが、このアイコンには任意の画像を表示させることができます。

手順は、次のとおりです。

「Googleコンタクト(連絡帳)」を起動して、画像を設定したい連絡先を表示し、右下の編集ボタンをタップします。

Android端末の連絡帳アプリ「Googleコンタクト」の機能を使いこなす。

連絡先の編集画面が表示されるので、上部のプロフィール画像をタップします。

Android端末の連絡帳アプリ「Googleコンタクト」の機能を使いこなす。

「写真を変更」画面が表示されるので、その場で撮影した写真を設定するときは「写真を撮影」をタップし、端末に保存されている画像ファイルを選択するときは「写真を選択」をタップします。

ここでは例として「写真を選択」をタップします。

Android端末の連絡帳アプリ「Googleコンタクト」の機能を使いこなす。

画像を選択すると、画像のトリミング画面が表示されるので、表示したい部分を選択して「完了」をタップします。

Android端末の連絡帳アプリ「Googleコンタクト」の機能を使いこなす。

連絡先の編集画面に戻ったら、画面右上の「保存」をタップします。

Android端末の連絡帳アプリ「Googleコンタクト」の機能を使いこなす。

以上で、選択した画像をプロフィール写真として設定できます。

Android端末の連絡帳アプリ「Googleコンタクト」の機能を使いこなす。

連絡先のエクスポート/インポート

「Googleコンタクト」では、登録した連絡先をvCard形式ファイル(拡張子が「vcf」)としてエクスポートしたり、逆にvCard形式ファイルをインポートして、連絡先を登録することができます。

連絡先をエクスポート/インポートするときは、「Googleコンタクト(連絡帳)」を起動して、画面左上の「≡」をタップして、メニューから「設定」をタップします。

Android端末の連絡帳アプリ「Googleコンタクト」の機能を使いこなす。

設定画面を下にスクロールすると「エクスポート」「インポート」という項目があり、ここから登録した連絡先をvCard形式ファイルとしてエクスポートしたり、逆にvCard形式ファイルをインポートできます。

Android端末の連絡帳アプリ「Googleコンタクト」の機能を使いこなす。

他の連絡帳アプリに乗り換えたり、他の連絡帳アプリからGoogleコンタクトに乗り換えたいときに便利な機能です。

あとがき

Googleコンタクトは多機能な電話帳アプリではないですが、基本的な機能は搭載されています。

また、Gmailとも連携しており、メールを送信するときに登録している連絡先から宛先を簡単に設定するといったこともできます。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ