Windows10で特定のアプリを「アプリと機能」に表示させないようにする方法

Windows10で特定のアプリを「アプリと機能」に表示させないようにする方法

会社で利用するWindows10などでは、管理目的や社内標準としてインストールされているアプリケーションがいくつかありますが、それらのアプリがユーザーによって勝手にアンインストールされることがないよう対策しておきたいとお考えの管理者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような場合、レジストリ設定で特定のアプリを「アプリと機能」に表示されないようにして、勝手にアンインストールされることがないよう対策することができます。

そこでここでは、Windows10で特定のアプリを「アプリと機能」に表示させないようにする方法を紹介します。

なお、ここで紹介している方法はコントロールパネルの「プログラムと機能」にも反映されます。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1

特定のアプリを非表示にする

特定のアプリを、Windowsの設定の「アプリと機能」やコントロールパネルの「プログラムと機能」で非表示にするには、レジストリ設定で対応します。

手順は、次のとおりです。

まず、レジストリエディター(regedit)を起動して、以下の場所を開きます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall

64ビット環境に32ビットアプリをインストールしている場合は、以下の場所も開きます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall

それぞれの場所には、インストールしているアプリごとにフォルダーが生成されているので、非表示にしたいアプリのフォルダーを選択します。

ここでは例として「Google Chrome」を選択します。

Memo

アプリによってはフォルダー名がGUID({}で囲まれた32桁の文字列)で表示されていることがあり、その場合は、それぞれのフォルダーを選択して画面右側に表示されるキー「Display Name」のデータを参照して、アプリを特定します。

Windows10で特定のアプリを「アプリと機能」に表示させないようにする方法

対象となるアプリのフォルダーを選択したら、画面右側の何もないところを右クリックして、メニューから「新規」>「DWORD(32ビット)値」 を選択します。

Windows10で特定のアプリを「アプリと機能」に表示させないようにする方法

値の名前は「SystemComponent」に、データには「1」を設定します。

Windows10で特定のアプリを「アプリと機能」に表示させないようにする方法

以上で、設定完了です。

設定は即時で反映され、指定したアプリは「アプリと機能」や、コントロールパネルの「プログラムと機能」に表示されなくなります。

Windows10で特定のアプリを「アプリと機能」に表示させないようにする方法

通常時の表示

Windows10で特定のアプリを「アプリと機能」に表示させないようにする方法

レジストリ設定後の画面

あとがき

なお、非表示にしたいアプリがたくさんあるなら、レジストリ設定やグループポリシー設定で、コントロールパネルの「プログラムと機能」や、Windowsの設定の「アプリと機能」そのものを非表示にする方法もありでしょう。

Windows10で「設定」アプリや「コントロールパネル」へのアクセスを制限する方法
Windows10の設定を変更する場合、たいていは「設定」アプリや「コントロールパネル」から行うことになりますが、利用環境によっては、ユ...

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ