USBポートからの情報漏えい対策には物理的な方法も有効です。

USBポートからの情報漏えい対策には物理的な方法も有効です。

企業で利用されているPCのUSBポートからの情報漏えいを防ぐ方法としては、オペレーティングシステムやデバイス制御ソフトを使って、USBポートに接続されたUSBメモリやUSBハードディスク、スマートフォンなどのデバイスの読み書きができないよう制限する方法が一般的ですが、さらに念入りに対策したい場合は、USBポートを物理的に塞いで利用できなくする方法があります。

そこで、ここではPCのUSBポートを物理的に塞ぐアイテム「USBポートガード」について紹介します。

Windows10でUSB接続した外部ストレージへの読み書きをレジストリ設定で禁止する方法
Windows10環境でUSB接続した外部ストレージとデータ転送する場合、おもに以下の3通りの方法があります。 MSC(Mass...

「USBポートガード」とは

「USBポートガード」とは、PCのUSBポートを物理的にふさいでUSBメモリなどのデバイスを接続できないようするアイテムを指し、製品によっては「USセキュリティキャップ」や「USBコネクタ取り付けセキュリティ」などと呼ばれることもあります。

USBポートガードは、一般的には本体と取り付け部品で構成されており、本体にセットした取り付け部品をUSBポートに差し込んでUSBポートをふさぎ、USBポートに取り付けられた部品は、本体がないと取り外すことができない仕組みになっています。

USBポートからの情報漏えい対策には物理的な方法も有効です。
USBポートからの情報漏えい対策には物理的な方法も有効です。

画像の引用元:https://www.elecom.co.jp/products/ESL-USB1.html

なお、本体は部品の取り付け・取り外しのときのみ使用する物なので一つあればよいですが、取り付け部品はUSBポートの数だけ必要になります。

「USBポートガード」の必要性

企業で利用されているPCのUSBポートからの情報漏えいを防ぐ方法としては、オペレーティングシステムやデバイス制御ソフトなどで、接続デバイスを制限するのが一般的ですが、USB接続可能なデバイスやデータ転送方法はいくつもあり、今後新たなデバイスや転送方法が出てくるかもしれません。

そうなってくると、USBポートに接続されるデバイスをソフトウェアで制限する方法では対応しきれないケースが出てきます。

そのような可能性にも備えた対策を行いたい場合は、USBポートガードなどを用いて、USBポートを物理的に利用できないようにする方法がおススメです。

Windows10でUSB接続した外部ストレージへの読み書きをグループポリシー設定で禁止する方法
Windows10環境でUSB接続した外部ストレージとデータ転送する場合、おもに以下の3通りの方法があり、データ転送を禁止する場合はそれ...

おすすめの製品

USBポートガードは、さまざまな製品が販売されていますが、取り付けや取り外しが簡単なエレコム製の「USBポートガード(ESL-USB1)」がおススメです。

USBポートからの情報漏えい対策には物理的な方法も有効です。

なお、USBポートガードを選ぶときは、USBコネクタの種類にも注意しましょう。

PCなどには、一般的にUSBポートとしてTypeAが採用されていますが、最近のPCなどではTypeCのUSBポートを搭載したマシンも出てきているので、PCに搭載されているUSBポートの種類を確認し、種類に応じた商品を選びましょう。

あとがき

オペレーティングシステムやデバイス制御ソフトなどによる対策は、最新のデバイスなどには対応できないこともあるので、より確実な対策を考えているなら、USBポートガードを利用して物理的な対策も行うことで、セキュリティを強化できるでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る