Linuxコマンド:プロセスを終了する方法(kill)

「kill」コマンドは、指定したプロセスにシグナルを送ります。プロセスは、受け取ったシグナルに応じて終了や再起動などの動作を実行します。

ここでは「kill」コマンドの基本的な使用方法について紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のディストリビューションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.4.1708 (Core)

書式とオプション

書式

kill -[シグナル名またはシグナルID] PID
kill -s [シグナル名またはシグナルID] PID
kill -SIGシグナル名 PID

主なシグナル

シグナル名 シグナルID 説明
HUP 1 ハングアップ
INT 2 キーボードからの割り込み(Ctrl+Cキー)
KILL 9 強制終了
TERM 15 終了(デフォルト)

「HUP」シグナルは、サービスの設定ファイルを再読込したい場合などに利用します。
「INT」シグナルは、割り込みによって動作を停止します。
「KILL」シグナルは、プロセスを強制終了します。
「TERM」シグナルは、プロセスを適切な手順で終了します。

使用例

PID550のプロセスを正常に終了するには

kill 550

PID550のプロセスを強制終了するには

kill -KILL 550
kill -9 550

複数のプロセスを終了させるには

kill 550 556

まとめ

シグナルは30種類以上あるようですが、上に挙げたシグナルのいずれかを使うことがほとんどかと思います。Linuxの基本コマンドとしてマスターしておきたいところです。

スポンサーリンク