スマホを一時的に着信させたくないときは「機内モード」が便利

スマホを一時的に着信させたくないときは「機内モード」が便利

スマートフォンを利用していると、時と場所によっては「電話に出たくない」だけでなく「電話に着信させたくない」ときがあります。

電話に出たくないだけであれば、マナーモードなどにして電話に出なければよいですが、たとえば、重要な会議の場だったり、学校で試験を受けている最中などでは、スマートフォンに着信すること自体を無効にしたいときがあります。

そんなときは「機内モード」機能が便利です。

そこで、ここではAndroidスマホを例に、機内モードを利用して一時的に着信しないよう設定する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他の機種やバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

機種(ソフトウェア) バージョン
Google Nexus 5X(Android) 8.1.0

「機内モード」とは

「機内モード」は、名前のとおり元々はスマホなどの通信機器が使用する通信電波が、飛行機の制御に影響を与えるのを防ぐための機能で、機内モードをオンにするとこで、カンタンにスマホの通信機能を一括で無効化することができます。

機内モードをオンにすると、以下の通信機能が一括でオフになります。

  • 音声通話
  • モバイルデータ通信
  • Wi-Fi通信
  • Bluetooth通信
  • GPS(位置情報)通信

「機内モード」を使う

機内モードのオン/オフを切り替えるには、Androidの設定画面から切り替える方法と、クイック設定パネルから切り替える方法があります。

Androidの設定から切り替える場合は「ネットワークとインターネット」を開いて、機内モードのスライダーをタップしてオン/オフを切り替えます。

スマホを一時的に着信させたくないときは「機内モード」が便利

Androidの設定画面

クイック設定パネルで切り替える場合は、ホーム画面上部から下方向に指2本を使ってスワイプして「クイック設定パネル」を開き、機内モードのアイコンをタップしてオン/オフを切り替えます。

スマホを一時的に着信させたくないときは「機内モード」が便利
機内モードがオフの状態
スマホを一時的に着信させたくないときは「機内モード」が便利
機内モードがオンの状態

設定は以上です。

なお、機内モードがオンの状態のスマホに電話を掛けると、スマホの電源がOFFの状態か圏外ときのアナウンスが流れます。

機内モード中にWi-FiやBluetoothを使うには

機内モードのオン/オフでは、スマホの通信機能を一括でオン/オフできますが、機内モードがオンの状態でも、特定の通信機能だけ有効化することができます。

たとえば、着信させたくないけど、Wi-Fi通信やBluetooth通信は使いたいといったときは、はじめに機内モードをオンにしたあとに、Wi-FiやBluetoothをオンにすることで、電話の着信はさせずに、Wi-Fi通信やBluetooth通信を利用できるようになります。

なお、Wi-FiやBluetoothも、クイック設定パネルでオン/オフを切り替えられます。

スマホを一時的に着信させたくないときは「機内モード」が便利
機内モードをWi-Fiがオン
スマホを一時的に着信させたくないときは「機内モード」が便利
機内モードとBluetoothがオン

あとがき

Androidスマホで、手っ取り早く着信させないようにするなら「機内モード」のオン/オフが簡単でおススメです。

お試しあれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る