Andoridアプリ:紙の書類を手軽にPDFファイルにできる(Adobe Scan)

オフィスや自宅を問わず、紙の書類は意外とありますよね。デスクに山積みになっている書類や、財布にため込んでいるレシートなど。。そんな紙の書類を電子ファイルにする場合、まず思いつくのは複合機を使ってPDFファイルにする方法です。

でも、複合機を使わずともスマホで簡単に紙の書類をPDFファイルにできるのを知っていましたか?ここでは、そんなアプリの一つ「Adobe Scan」を紹介します。

「Adobe Scan」とは

「Adobe Scan」は、紙の書類を撮影するだけでPDFファイルに変換してくれるAdobe製のアプリです。また、PDF化と同時に文字の認識(OCR機能)も行ってくれるので、PDF化したファイルは検索も可能になります。紙の書類をサクッとPDFファイルにしたいときにとても便利なアプリです。

「Adobe Scan」の使い方

アプリを起動したら、まずはAdobe IDでログインします。Adobe IDをまだ持っていない場合は「新規登録」から登録するか、FacebookやGoogleのアカウントを利用してログインすることもできます。

Androidスマホなら、Googleアカウントでログインするのが簡単です。

ログインするとカメラが起動するので、ここでは例として名刺を撮影してみます。「自動キャプチャオン」になっている場合は、カメラが書類を自動的に認識しキャプチャしてくれます。「自動キャプチャオフ」の場合は、画面下のシャッターボタンをタップしてキャプチャします。

キャプチャし終わったら、右下の「スキャン一覧」をタップし、キャプチャした画像を編集します。編集できることは、次のとおりです。

  • ファイル名の変更
  • 別の画像を撮影して追加
  • 「Adobe Scan」以外で撮影した画像を追加
  • 画像の順番を入れ替える
  • 画像のトリミング
  • 画像の回転
  • 画像の色補正
  • 指定した画像を削除

編集が終わったら、右上の「PDFを保存」をタップします。すると、キャプチャした画像が1つのPDFファイルとして保存されます。PDF保存時に行われる文字の認識(OCR)が完了するまでに、若干時間がかかります。

PDF化されたファイルは、クラウド上(Adobe Document Cloud)に保存されており、「共有」をタップして、PDFファイルへのリンクを共有したり、PDFファイルを別のアプリで開いてローカルに保存することができます。

また、「Acrobatで開く」をタップすれば「Adobe Acrobat Reader」アプリで直接開くこともできます。

設定のカスタマイズ

「Adobe Scan」の設定はカスタマイズすることができ、お好みの設定が可能です。

撮影画面での設定

撮影画面右上の「フラッシュ」アイコンをタップすることで、撮影時にフラッシュをオートにするか、オフにするかを切り替えられます。また、文書に端末をかざすだけでスキャンしてくれる自動撮影機能も、撮影画面の「自動キャプチャ」アイコンをタップしてオン・オフを切り替えられます。オフにすると、手動でシャッターボタンをタップするまで撮影されません。

「環境設定」での設定

「環境設定」では、データ通信・OCR機能・データ保存について設定ができます。

「携帯電話ネットワークの使用を許可」をオンにすると、Wifiなどの無線LAN以外でも通信を行ないます。通信量を気にする場合はオフにしたほうが良いかもしれません。ちなみに、オフラインな環境で撮影したデータはローカルに保存することができます。

「保存したPDFに対してテキスト認識を実行」ではOCR処理のオンオフ、「テキスト認識言語」では日本語もしくはそれ以外の言語を選べます。

「元の画像をギャラリーに保存」をオンにすると、撮影した時の元データがローカルに保存されます。PDFとは別に画像も残しておきたいときはオンにします。

まとめ

OCRでの識字率は他のアプリと比べても遜色なく、作成したPDFファイルのテキスト検索も問題なく行えます。また、クラウドにデータが保存されるので、スマホだけでなくパソコンからも「Acrobat Reader DC」を使って、簡単にクラウド上のファイルを閲覧・編集でき、仕事・プリベート問わず活躍してくれそうなアプリです。

紙の書類がたくさんある方は試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク