Windows10でおすすめや広告の表示をオフにする方法

Windows10でおすすめや広告の表示をオフにする方法

Windows10では、ロック画面やスタートメニュー、設定アプリ、通知などに、ユーザーに役立つ情報やお知らせ、広告を表示する機能が搭載されており、ときどき目にしている方もいらっしゃるでしょう。

ですが、Windowsの利用環境によっては、おススメや広告の表示を迷惑と感じることもあるでしょう。

そこでここでは、Windows10でおすすめや広告の表示機能をオフにする方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H2

設定アプリにおすすめコンテンツを表示しない

Windows10の「設定」アプリで、おすすめコンテンツを表示しないようにする方法は、次のとおりです。

Windowsの「設定」アプリから「プライバシー」>「全般」を開き、「設定アプリでおすすめのコンテンツを表示する」をオフに設定します。

Windows10でおすすめや広告の表示をオフにする方法

スタートメニューにおすすめアプリを表示しない

スタートメニューのプログラム一覧で、おすすめのアプリ(広告)を表示しないようにする方法は、次のとおりです。

Windowsの「設定」アプリから「個人用設定」>「スタート」を開き、「時々スタートメニューにおすすめアプリを表示する」をオフに設定します。

Windows10でおすすめや広告の表示をオフにする方法

通知にWindows10のヒントやおすすめを表示しない

通知領域で、Windows10のヒントやおすすめを表示させないようにする方法は、次のとおりです。

Windowsの「設定」アプリから「システム」>「通知とアクション」を開き、「Windowsを使用するためのヒントやおすすめの方法を取得」をオフに設定します。

Windows10でおすすめや広告の表示をオフにする方法

ロック画面にトリビアやヒントを表示しない

ロック画面に、トリビア(雑学的な事柄や知識)やヒントなどの情報を表示させないようにする方法は、次のとおりです。

Windowsの「設定」アプリから「個人用設定」>「ロック画面」を開き、「WindowsとCortanaに関するトリビアやヒントなどの情報をロック画面に表示する」をオフに設定します。

Windows10でおすすめや広告の表示をオフにする方法

なお、この設定はロック画面の背景に「画像」を指定しているときにのみ有効で、「Windowsスポットライト」を選択している場合は、オフにできません。

あとがき

プライベート用のWindows10パソコンなら、オンのままでも特段気になりませんが、仕事用のパソコンでは、余計な情報が表示されないようオフに設定しておくことをおススメします。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。