iPhoneで有線のイヤホン(マイク付きイヤホン)を利用する方法

iPhoneで有線のイヤホン(マイク付きイヤホン)を利用する方法

iPhoneでは、小型軽量化やバッテリー性能の向上、防水性を高めるためにiPhone7からイヤホンジャックが搭載されておらず、イヤホンを利用して音楽を聴いたり動画を視聴したいときは、Bluetooth接続のワイヤレスイヤホンを利用するというのが一般的な方法ですが、なかには手持ちの有線イヤホンを使いたいとお思いの方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、一般的な3.5 mmジャックの有線イヤホンをiPhoneで利用する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他の機種やバージョンでは、操作方法や動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

機種バージョン
Apple iPhone8iOS16.2

イヤホンジャックアダプターを利用する

手持ちの有線イヤホンをiPhoneで利用したいときは、充電などで利用するLightningコネクターを3.5mmイヤホンジャックに変換するアダプタを利用します。

変換アダプタとしては、Apple純正の変換アダプタやサードパーティーの変換アダプタが利用できます。

以下の画像は、Apple純正の「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」を使って、iPhoneと有線イヤホンを接続した様子です。

iPhoneで有線のイヤホン(マイク付きイヤホン)を利用する方法

なお、マイク付きイヤホンを接続して通話も行いたい場合は、通話に対応した商品を選択しましょう。(Apple純正の変換アダプタは通話に対応しています。)

充電しながら利用したいときは

上に紹介した変換アダプターは、Lightningコネクターを3.5mmイヤホンジャックに変換するだけというシンプルなつくりのため、変換アダプターを挿している間は充電ができません。

そのため、充電しながら利用したい場合は、以下に紹介するような商品がおすすめです。

音質にこだわるなら

iPhoneでハイレゾ音源を視聴するなど、再生音にこだわりたい場合は、少々お値段は高いですが、以下のようなLightning接続のポータブルヘッドホンアンプを利用する方法もあります。

USBアダプタを利用する

パソコン向けに販売されているUSB - 3.5mmイヤホンジャック変換アダプタをお持ちなら、LightningとUSBを変換するアダプタと組み合わせて利用するという方法もあります。

Lightning - USB変換アダプタとしては、Apple純正のアダプタやサードパーティーのアダプタが利用できます。

信頼性や安心感と重視するならApple純正のアダプタ、費用重視ならサードパーティーのアダプタを選択するのが良いでしょう。

下の画像は、サードパーティーのLightning - USB変換アダプタに、パソコン向けのUSB - 3.5mmイヤホンジャック変換アダプタを組み合わせて接続した様子で、問題なくイヤホンを利用することができました。

iPhoneで有線のイヤホン(マイク付きイヤホン)を利用する方法

なお、変換アダプタの組み合わせによっては、正常に動作しない可能性もあるので、その点は留意しておく必要があるでしょう。

あとがき

iPhoneでイヤホンを利用したいならBluetooth接続のワイヤレスイヤホンを使うというのが一般的な方法ですが、どうしてもお気に入りの有線タイプのイヤホンを使いたいという場合は、上に挙げた方法が参考になるのではないでしょうか。