Windows10でアプリを一括インストール/更新するなら「winget」

Windows10でアプリを一括インストール/更新するなら「winget」

Windows10で、自分が普段使っているアプリをインストールする場合、通常はそれぞれのアプリが配布されているWebサイトからインストーラーをダウンロードしてインストールするという流れになりますが、数が多くなると結構面倒な作業ではないでしょうか。

そこで利用を検討したいのが、Microsoftが提供しているコマンドラインのパッケージ管理ツール「winget」です。

そこでここでは、Windows10でwingetのインストールから基本的な使い方を紹介します。

Windows10で複数のアプリやツールをまとめてインストールするなら「Ninite」
WindowsPCをセットアップするときには、Webブラウザーやメールクライアントなど、お気に入りのアプリケーションやツールをインストー...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1
winget1.1.12653

wingetとは

Windows パッケージ マネージャー | Microsoft Docs

「winget(Windows Package Manager)」は、Microsoftが開発/提供している無料のパッケージ管理ツールで、アプリのインストールや更新といったパッケージの管理をコマンドラインで行うことができます。

そのため、スクリプトを使って多数のアプリを一括でインストール/更新することができ、いちいち配布先からパッケージをダウンロードしてインストールする面倒がなく、手早く環境構築を行いたいときに便利なツールです。

wingetの入手

wingetは「Microsoft Store」または「GitHub」から入手できますが、Microsoft Storeからインストールすれば自動的に更新してくれるので、通常はMicrosoft Storeからのインストールをおススメします。

手順は、次のとおりです。

まず、Microsoft Storeを起動し、検索ボックスに「アプリ インストーラー」と入力します。

すると、検索ボックスの下に候補として「アプリ インストーラー」が表示されるので、これをクリックします。

Windows10でアプリを一括インストール/更新するなら「winget」

「アプリ インストーラー」画面が開くので「入手」をクリックしてインストールします。

Windows10でアプリを一括インストール/更新するなら「winget」

インストールが完了したら、コマンドプロンプトを起動し「winget」と入力してエンターキーを押し、以下の画面のようにwingetのヘルプが表示されたらOKです。

Windows10でアプリを一括インストール/更新するなら「winget」

wingetの使い方

wingetはコマンドラインツールなので「コマンドプロンプト」もしくは「PowerShell」から利用します。

wingetの書式は次のとおりで、基本的にはサブコマンドで何をするかを指定します。

> winget  <サブコマンド> <サブコマンドオプション>

以降では、基本的な使い方として、アプリの検索・インストール・更新・アンインストール方法について紹介します。

アプリを探す

インストールするアプリを探すときは「winget show」または「winget search」を利用します。

「winget show」では、インストール可能なアプリの一覧を取得できます。

> winget show > D:¥wingetlist.txt

なお、アプリの一覧は2千行を超えるため、上のようにテキストファイルに出力してから、テキストエディタで開いて検索するほうが良いでしょう。

アプリ名をもとに検索したいときは「winget search」を利用します。

たとえば、Webブラウザ「Google Chrome」を検索したいときは、次のように実行します。

> winget search "Google Chrome"

すると、以下のように検索結果が表示されます。

Windows10でアプリを一括インストール/更新するなら「winget」

アプリをインストールする

インストールしたいアプリが見つかったら、次のコマンドを実行してアプリをインストールします。

> winget install -h --force --id <アプリケーションID>

「-h」オプションは、サイレントインストールを指定しており、アプリケーションIDは、アプリを検索したときに確認できます。

たとえば「Google Chrome」をインストールするときは、次のように実行します。

> winget install -h --force --id Google.Chrome
Windows10でアプリを一括インストール/更新するなら「winget」

インストール中の画面

なお、アプリによってはインストール時に管理者権限が必要なものがあり、その場合は管理者権限でコマンドプロンプトやPowerShellを起動してから上のコマンドを実行します。

アプリを更新する

次のコマンド実行すると、更新可能なアプリの一覧を確認できます。

winget以外でインストールしたアプリも、更新可能なら一覧に表示してくれるようです。

> winget upgrade

更新可能なアプリを一括更新するときは、次のようにコマンドを実行します。

> winget upgrade -h --all

特定のアプリのみを更新したいときは、アプリケーションIDを指定して次のようにコマンドを実行します。

> winget upgrade -h --id Google.Chrome

アプリをアンインストールする

次のコマンド実行すると、インストール済みアプリの一覧を確認できます。

> winget list

特定のアプリをアンインストールするときは、アプリケーションIDを指定して、次のようにコマンドを実行します。

> winget uninstall -h --id Google.Chrome

スクリプト化するときは

wigetを利用して、複数のアプリを一括インストールするときは、バッチファイルなどでスクリプト化するのがおすすめです。

以下に、サンプルコードを記載するのでご参考までに。

@echo off

REM Powertoys
winget install -h --force --id Microsoft.Powertoys
if %ERRORLEVEL% NEQ 0 Echo install failure.

REM Terminal
winget install -h --force --id Microsoft.WindowsTerminal
if %ERRORLEVEL% NEQ 0 Echo install failure.

あとがき

「winget」リポジトリからインストールできるアプリは、現在2,800を超えており、最新バージョンでは「Microsoft Store」からもアプリをインストールできるようになったため、今後wingetを使ったアプリの管理がより便利になるのではないでしょうか。

お試しあれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ