Windows10を特定のバージョンに固定して、バージョンアップやアップグレードをブロックする方法

Windows10を特定のバージョンに固定して、バージョンアップやアップグレードをブロックする方法

2021年10月5日にWindows11の提供が開始され、徐々にWindowsUpdateからアップグレードできるようになってきていますが、企業で利用しているWindows10や複数人で共用ているWindows10では、新しさよりも安定性を重視したい場合が多いのではないでしょうか。

そのような場合は、グループポリシーやレジストリ設定でWindows10を特定バージョンに固定することで、好奇心旺盛なユーザーが勝手にWindows10をバージョンアップしたり、Windows11へアップグレードしてしまうといったトラブルを避けることができます。

そこでここでは、Windows10を特定のバージョンに固定する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1

グループポリシー設定でバージョンを固定する

グループポリシーで設定する場合の手順は、次のとおりです。

スタートボタン左の検索ボックスなどに「gpedit.msc」と入力するなどして「ローカルグループポリシーエディター」を起動します。

Windows10を特定のバージョンに固定して、バージョンアップやアップグレードをブロックする方法

「ローカルグループポリシーエディター」が起動したら「コンピューターの構成」>「管理用テンプレート」>「Windowsコンポーネント」>「Windows Update」>「Windows Update for Business」にある「ターゲット機能更新プログラムのバージョンを選択する」をダブルクリックします。

Windows10を特定のバージョンに固定して、バージョンアップやアップグレードをブロックする方法

「ターゲット機能更新プログラムのバージョンを選択する」の設定画面が表示されるので「有効」を選択して、固定化したいバージョンを入力します。

たとえば、Windows10のバージョン21H1に固定したいときは、製品バージョンには「Windows 10」と入力して、ターゲットバージョンには「21H1」と入力し「OK」をクリックします。

Windows10を特定のバージョンに固定して、バージョンアップやアップグレードをブロックする方法

グループポリシーを設定したら、設定を適用するためにマシンを再起動しておきましょう。

以上で、設定完了です。

なお、設定を解除したいときは、上の設定項目を「未構成」に設定し直します。

レジストリ設定でバージョンを固定する

レジストリ設定でバージョンを固定するときは、管理者権限でコマンドプロンプトを起動して以下の2つのコマンドを実行します。

1つ目のコマンドでバージョンを固定する機能を有効化して、2番目と3番目のコマンドで固定したいバージョンを指定します。

> REG ADD HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v TargetReleaseVersion /t REG_DWORD /d 1 /f
> REG ADD HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v ProductVersion /t REG_SZ /d "Windows 10" /f
> REG ADD HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v TargetReleaseVersionInfo /t REG_SZ /d 21H1 /f

それぞれのコマンドを実行後「この操作を正しく終了しました。」と表示されていればOKです。

Windows10を特定のバージョンに固定して、バージョンアップやアップグレードをブロックする方法

レジストリを設定したら、設定を適用するためにマシンを再起動しておきましょう。

以上で、設定完了です。

なお、設定を解除したいときは「REG DELETE」コマンドなどで、上で作成したレジストリキーを削除します。

> REG DELETE HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v TargetReleaseVersion
> REG DELETE HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v ProductVersion
> REG DELETE HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v TargetReleaseVersionInfo

あとがき

ここで紹介した設定を行うと、Windowsの「設定」>「更新とセキュリティ」>「Windows Update」画面に、指定したバージョンより新しいバージョンのアップグレードやアップデートは表示されなくなります。

なお、指定したバージョンに固定できるのは、そのバージョンのサポート期限日までのようです。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。