Windows10を特定のバージョンに固定する方法

Windows10を特定のバージョンに固定する方法

2020年4月ごろの品質更新プログラムにより、Windows10 Pro/Enterpriseのバージョン1803以降で、グループポリシーやレジストリ設定により、Windows10を特定のバージョンに固定して、勝手にバージョンアップされないよう設定できるようになりました。

半年に一度の機能更新は、ここ最近公開当初に不具合がいくつも報告されることが慣例になってしまっているため、最新より前の安定したバージョンを使い続けたいといった場合に有効な手段となりそうです。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit2004

グループポリシー設定でバージョンを固定する

グループポリシーで設定する場合は「コンピューターの構成」>「管理用テンプレート」>「Windowsコンポーネント」>「Windows Update」>「Windows Update for Business」にある「ターゲット機能更新プログラムのバージョンを選択する」を構成します。

Windows10を特定のバージョンに固定する方法

たとえば、バージョン1909に固定したいときは、設定画面で「機能更新プログラムのターゲットバージョン」に「1909」と入力します。

Windows10を特定のバージョンに固定する方法

グループポリシーを設定したら、設定を適用するためにマシンを再起動しておきましょう。

なお、設定を解除したいときは、上の設定項目を「未構成」に設定し直します。

レジストリ設定でバージョンを固定する

レジストリ設定でバージョンを固定するときは、管理者権限でコマンドプロンプトを起動して以下の2つのコマンドを実行します。

1つ目のコマンドでバージョンを固定する機能を有効化して、2番目のコマンドで固定したいバージョンを指定します。(以下の例では、バージョン1909を指定しています。)

> REG ADD HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v TargetReleaseVersion /t REG_DWORD /d 1 /f
> REG ADD HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v TargetReleaseVersionInfo /t REG_SZ /d 1909 /f

レジストリを設定したら、設定を適用するためにマシンを再起動しておきましょう。

なお、設定を解除したいときは「REG DELETE」コマンドなどで、上で作成したレジストリキーを削除します。

> REG DELETE HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v TargetReleaseVersion
> REG DELETE HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v TargetReleaseVersionInfo

あとがき

ここで紹介した設定を行うと、指定したバージョンより新しいバージョンの機能更新プログラムは、Windowsの「設定」>「更新とセキュリティ」>「Windows Update」画面に表示されなくなります。

また、指定したバージョンに固定できるのは、そのバージョンのサポートが終了するまでのようです。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ