CentOS7で指定した容量や数のダミーファイルをサッと作成するコマンド

CentOS7で指定した容量や数のダミーファイルをサッと作成するコマンド

Linux環境でテストなどを実施するときに、ダミーファイルを作りたいときがあります。ここでは、そんなときに指定した容量で指定した数のダミーファイルをサクッと作成できるコマンドを紹介します。

Windowsでダミーファイルを作成するなら「fsutil」コマンドがお手軽です。
Windows環境で、ディスクの読み書き速度やネットーワーク送受信速度をテストするとき、テスト用のダミーファイルとして、大容量のファイル...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のディストリビューションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.4.1708 (Core)

ダミーファイル作成コマンド

たとえば、ファイルサイズが10MBのダミーファイルを作成するコマンドは以下となります。

# fallocate -l 10M dummy.dat

書式:fallocate -l <ファイルサイズ> <ファイル名>

ダミーファイルの作成にはddコマンドを使う方法もありますが、ddコマンドはファイル作成の際に実際にゼロを書き込んで作成するらしく、ファイル作成の完了までに時間がかかるのでfallocateコマンドの使用をおすすめします。

さらに、上のコマンドをfor文で繰り返し実行すれば、指定サイズのダミーファイルをたくさん作成できます。

たとえば、ファイルサイズが10MBのダミーファイルを50個作成したければ、以下のコマンドを実行すれば、あっという間に出来上がりです。

# for i in {1..50}; do fallocate -l 10M dummy_${i}.dat ; done

あとがき

すぐになにかしたいときに限って、コマンドが分からなかったり書式がわからなかったりしますが、fallocateコマンドは書式もシンプルなので良いですね。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ