Windows 10や11でISOファイルを開く、DVDに書き込む方法

Windows 10や11でISOファイルを開く、DVDに書き込む方法

Windows 10や11では、OSのインストールメディアとしても提供されることの多いISO形式のイメージファイルの内容を参照したり、DVDなどに書き込む機能が標準で搭載されているのをご存じでしょうか。

そこでここではWindows 10を例に、ISO形式のイメージファイルをマウントして内容を参照したり、DVDなどに書き込む方法を紹介します。

Windows 10でDVDやブルーレイディスクにデータを書き込む方法
ここでは、Windows 10の標準機能でDVDやブルーレイディスクにファイルやフォルダーなどのデータを書き込んで、データディスクを作成する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows 10 Pro 64bit22H2

ISOファイルとは

ISOファイルはイメージファイルと呼ばれるファイル形式で、CDやDVDなどのディスクの中身を一つにまとめたファイルを指し、OSやソフトウェアの配布でよく利用されています。

一昔前だと、OSやソフトウェアを購入/入手する場合、インストールメディアはCDやDVDなどの物理媒体であることが大半でしたが、それを電子データとして入手できるようにしたのが「イメージファイル」と考えれば分かりやすいかもしれません。

なお、一般的なイメージファイルの拡張子は「ISO」や「IMG」などです。

ISOファイルの内容を参照する

以前のWindowsでは、ISO形式などのイメージファイルの内容を参照したり、イメージファイルからファイルを取り出したい場合は、サードパーティーのツールを利用する必要がありましたが、Windows 10からは、標準機能でISOファイルを仮想ドライブとしてマウントして中身を参照できるようになりました。

ISOファイルをマウントするには、ISOファイルを右クリックしてメニューから「マウント」を選択します。

Windows 10や11でISOファイルを開く、DVDに書き込む方法

マウントされたISOファイルは、DVDなどの物理メディアと同じように、エクスプローラーで中身を確認したり、ISOファイル内のファイルをコピーしたり実行したりできます。

なお、ISOファイルの内容は読み取ることはできますが、ファイルを貼り付けたりといった書き込みはできません。

Windows 10や11でISOファイルを開く、DVDに書き込む方法

ISOファイルをDVDに書き込む

ISOファイルをDVDなどの物理メディアに書き込んで利用するには、ファイルとして書き込むのではなく、イメージファイルとしての書き込む必要があり、以前のWindowsでは別途専用ツールを用意する必要がありましたが、Windows 10からは標準機能でISOファイルをDVDなどに書き込むことができます。

ISOファイルをDVDなどに書き込むときは、空のDVDメディアなどをドライブにセットしてから、書き込みたいイメージファイルを右クリックし、メニューから「ディスクイメージの書き込み」を選択します。

Windows 10や11でISOファイルを開く、DVDに書き込む方法

「Windowsディスクイメージ書き込みツール」画面が開くので「書き込み」をクリックします。

Windows 10や11でISOファイルを開く、DVDに書き込む方法

書き込みが開始されるので、完了するまで待ちます。

Windows 10や11でISOファイルを開く、DVDに書き込む方法

書き込みが完了すると、状態欄に「ディスクイメージは正常に書き込まれました。」と表示されるので「閉じる」をクリックします。

Windows 10や11でISOファイルを開く、DVDに書き込む方法

以上で、書き込み完了です。

あとがき

最近では、OSなどのインストールディスクがDVDなどの物理メディアではなく、ISO形式のイメージファイルで提供されている場合も多いので、Windows 10や11でのイメージファイルの扱い方を覚えておくとよいでしょう。