Windows10で意外と知られていない便利な基本機能

Windows10の機能の中には、知っていると地味に便利なものが意外とあります。また、機能アップデートにより、新しい機能も増えています。

ここでは、バージョン1903時点のWindows10で、意外と知られていない便利機能を4つ紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1903

便利機能

クイックアクセスメニュー

Windows10の各種設定を行うとき、設定アプリやコントロールパネルを開くことが多いですが、スタートボタンを右クリックすると、よく利用する項目のいくつかがテキストメニューで表示されます。

これを活用すれば、目的の機能により素早くアクセスすることができます。

ちなみに、ここに表示されるメニューはカスタマイズすることもできます。カスタマイズ方法は、以下の記事をご覧ください。

Windows10のクイックアクセスメニューをカスタマイズする方法
Windows10では、スタートボタンを右クリックする(「Windows」キー+「X」キーを押す)と、よく利用されるツールをまとめたクイ...

ワンクリックでデスクトップを表示

デスクトップの右下隅(通知アイコンの右側)には秘密のボタンがあり、クリックすると開いているウィンドウをすべて最小化し、デスクトップが表示されます。

デスクトップにあるショートカットを起動したい場合や、開いているウィンドウを素早く最小化したいときに役立ちます。

また、このボタンを右クリックして「デスクトップのプレビュー」にチェックを入れておけば、このボタンの上にマウスを移動したときに、開いているウィンドウを透明化してデスクトップをプレビュー表示することもできます。

素早く仮想デスクトップを切り替える

Windows10には、仮想デスクトップ機能が実装されており、複数のデスクトップを切り替えて利用することができます。

ですが、マウス操作で仮想デスクトップを切り替えるには、タスクビュー(スタートメニューの右側にあるアイコン)をクリックして切り替える必要があり少々面倒です。

そんなときは、次のショートカットキーを利用してみてください。あっという間に仮想デスクトップを切り替えることができます。

Windowsキー+ Ctrlキー +右/左の矢印キー

目的別に仮想デスクトップを用意して、切り替えながら作業するときにとても役立ちます。

クリップボードの履歴と共有

機能アップデートにより追加された機能は、意外と知られていないことが多いです。そんな機能の中でぜひとも利用してほしいのが、バージョン1809で実装された「クリップボードの履歴と共有機能」です。

これまでのクリップボードは、基本的な機能しかありませんでしたが、履歴と共有ができるようになって、かなり使い勝手は良くなっています。

ちなみに、設定方法は「設定」アプリから「システム」>「クリップボード」にある「クリップボードの履歴」「他デバイスとの同期」でオン/オフを切り替えます。

使い方については、以下の記事で紹介していますのでご覧ください。

Windows10のクリップボードはこんなに便利になっている
Windows10では、半年ごとの機能アップデートのたびに新たな機能も追加されてきましたが、機能アップデートで追加された機能は、意外と知...

あとがき

Windows10では、機能アップデートのたびに、どんどん便利になってきていますが、新しい機能は意外と知られていないことがあります。

基本的な機能を含め、今一度再確認してみるのも良いですよ。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る