高解像度ディスプレイでWindows10を利用するなら、マウスポインターを大きくして見やすくしましょう。

大画面(高解像度)ディスプレイでWindows10を利用していると、マウスポインターがどこにあるか分からなくなることがありませんか。

そんな時、私はマウスをぐりぐり動かしてポインターを見つけていたのですが、そもそもデフォルトのマウスポインターがディスプレイの解像度の割に小さすぎなんです。

そこで、ここではマウスポインターを大きくする方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1903

変更手順

マウスポインターの大きさを変更する手順は、次のとおりです。

まず「設定」アプリを開き「簡単操作」をクリックします。

「簡単操作」画面で、左メニューから「カーソルとポインター」をクリックします。

「カーソルとポインター」画面では、マウスポインターのサイズと色、マウスカーソルの太さを好みに変更できるので、お使いの環境や好みに合わせて調整しましょう。

あとがき

なお、マウスポインターのデザインを変更する方法は、ここで紹介した以外にも、旧来の「コントロールパネル」の「マウス」からも変更することができます。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る