「Windows10 May 2019 Update」のおもな変更点や新機能

Microsoftは、2019年5月21日(現地時間)に機能アップデート「Windows10 May 2019 Update(バージョン1903)」を一般公開しました。

そこで、ここでは「Windows10 May 2019 Update」でのおもな変更点や、新機能などをまとめてみました。アップデートを検討されている方は、参考にしてみてください。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1903

おもな変更点や新機能

Windows Update

Windows10バージョン1803以降から、今回のバージョン1903へ更新する際に、品質アップデートと、機能アップデートが分かれて表示されるようになり、個別にアップデートできるようになりました。以前のように自動的に機能アップデートが適用されてしまうということがなくなりました。

また、Professionalエディション以上でのみ利用可能だった「更新の一時停止」が、Homeエディションでも利用できるようになり、アップデートを最大35日間保留できるようになりました。

Cortana

スタートメニュー左にある「Cortana検索ボックス」が「Cortana」と「検索ボックス」に分離されました。

また「設定」アプリにも新たに「検索」が追加され、検索範囲などの設定を行うことができるようになっています。

「スタート」画面

「スタート」画面でタイルグループをまとめてピン留め解除できるようになりました。

時刻同期

以前までは、タイムサーバーとの同期は「コントロールパネル」から実行する必要がありましたが、「設定」アプリの「時刻と言語」からも同期できるようになりました。

スタートメニューのプロセス

表面上からは分かりませんが、スタートメニューのプロセスがシェルのプロセス「ShellExperienceHost.exe」から分離されて「StartMenuExperienceHost.exe」になりました。

電源ボタン

「スタートメニュー」やロック画面の電源ボタンをクリックしたときに表示される「再起動」や「シャットダウン」にアイコンが表示されるようになり、より分かりやすくなりました。

タスクマネージャー

「タスクマネージャー」のオプションメニューに「既定のタブを設定」が追加され、タスクマネージャーを起動したときに、デフォルトで開くタブを設定できるようになりました。

Windows サンドボックス

ProエディションとEnterpriseエディションに、信頼できないソフトウェアをシステムとは隔離された実験環境で試せる「Windows サンドボックス」が搭載されました。

ちなみに「Windows サンドボックス」は、パッと見は仮想マシンのような感じですが、終了するときには、下記のようなポップアップが表示され、サンドボックス環境にインストールされたアプリなど、加えられたすべての変更は破棄されます。

以前のWindows10では、アプリのカラーモードを「白」か「黒」に切り替えることができましたが、本アップデートで、アプリだけでなくシステム全体のカラーモードも変更できるようになりました。

スクリーンショット

「Windows」+「Shift」+「S」キーで取得できるスクリーンショット機能が強化され、デスクトップ上の特定のウィンドウのみのスクリーンショットを撮ることができるようになりました。

アクションセンター

ノートPCなどでは、タスク バー右側にある「アクション センター」に、ディスプレイの明るさを調整するスライダーが表示されるようになり、アクションセンターで明るさ調整できるようになりました。

引用元:https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4026946/windows-10-change-screen-brightness

Windows Subsystem for Linux

Windows10のエクスプローラーから、WSL側のファイルシステムへのアクセスが行えるようになりました。

ストレージ

ストレージの容量が少ないマシン向けに「予約済み記憶域」という機能が搭載され、機能アップデートなど、ある程度空き容量を必要とするアップデートのための領域をあらかじめ確保してくれるようになりました。

なお「予約済み記憶域」は、Windows10バージョン1903をクリーンインストールするか、同バージョンがプリインストールされているマシンで有効になるようです。

Windows Defender ウイルス対策

Windows10に標準搭載されている「Windows Defender ウイルス対策」は、アップデートのたびに機能を充実させてきましたが、今回のアップデートでは、新たに「改ざん防止」機能が実装されました。

「改ざん防止」機能では、悪意のあるアプリなどによって「Windows Defender ウイルス対策」の重要な設定(リアルタイム保護やクラウド提供の保護など)が勝手に変更されないように保護してくれ、デフォルトで「オン」に設定されます。

あとがき

Windows10は登場以来、機能アップデートを重ね、新たな機能がたくさん実装されています。

知らないうちに便利機能が実装されていたなんてこともあるので、Windows10を有効活用するなら、アップデートによる変更点や新機能は、押さえておきましょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る