WordPress:画像ファイルのタイトル・キャプション・代替テキスト・説明の使い方

WordPressでは、アップロードした画像にタイトル、キャプション、代替、説明が入力できます。ただ、画像すべてにこれらの項目を毎回入力するのは面倒ですよね。

ここでは、画像ファイルに設定する「タイトル」「キャプション」「代替テキスト」「説明」それぞれの役割について紹介します。

タイトル

「タイトル」には文字通り画像のタイトルを記述します。この項目はHTMLには反映されないため、管理用の項目ですね。

WordPressのバージョン4.1以前は「タイトル」に設定した値がimageタグのtitle属性に反映されていたようですが、現行のバージョンでは反映はされないようです。

Memo

title属性を設定したい場合は「上級者設定」で設定するか、テキストエディタで直接入力することが可能です。

キャプション

「キャプション」は、画像の下に表示する内容を記述します。これはWordPress独自に設けられた設定項目です。設定すると以下のような感じになります。

これがキャプションです

代替テキスト

「代替テキスト」は、画像が表示できない場合に画像の代わりとして表示されるテキストを設定する項目で、代替テキストに設定した内容は、imgタグのalt属性に反映されます。

alt属性は、その画像が何を表しているのかを示すために利用し、Googleの画像検索に画像を表示させたい場合や、目の不自由な方が利用するテキストリーダーなどに対応する場合は設定が必要となります。

説明

「説明」は画像のメモとして扱われ、HTML上には反映されません。管理用の項目ですね。 

まとめ

WordPressに限って言えば「代替テキスト」を設定するかどうかを決めておき、その他の項目は必要に応じて使用する感じで良いかと思います。

スポンサーリンク