Android:失くしたスマホを探すには、Googleアカウントの「スマートフォンを探す」機能が便利だよ。

最近では、スマホは日々の生活に欠かせないデバイスとなっています。そんなスマホを、万が一失くした時に役立つサービスがあるのをご存知でしょうか。

Androidスマホの場合では、Googleアカウントでログインしていれば、Googleアカウントの「スマートフォンを探す」機能を利用することで、失くしたスマホを探したり、盗難時にデータを消去したりなど、スマホを紛失した時に役立つ機能が利用できます。

そこで、ここではGoogleアカウントの「スマートフォンを探す」機能の使い方を紹介したいと思います。

「スマートフォンを探す」機能の使い方

「スマートフォンを探す」機能は、Googleアカウントのページで、メニューから「セキュリティ」を選択し「お使いのデバイス」項目にある「紛失したデバイスや盗難にあったデバイスを探す」をクリックします。

「スマートフォンを探す」画面には、Googleアカウントを利用しているスマートフォンなどが一覧表示されているので、探したいデバイスをクリックします。

探したいデバイスをクリックすると、行うべき処置が表示されます。基本は、上から順に実施することで、効率よく対処ができるようになっています。

「スマートフォンを探す」機能でできること

「スマートフォンを探す」機能でできることは、次のとおりです。

スマートフォンの着信音を鳴らす、位置を特定する

スマートフォンの着信音を大音量で鳴らしたり、スマートフォンの場所を地図上で特定することができます。

「着信音を鳴らす」をクリックすると、スマートフォンの音量設定にかかわらず、着信音を大音量で鳴らしてくれるので、家の中でスマホを探すときなどにも役立ちますね。

「端末を探す」をクリックすると、以下の画像のように地図が表示され、スマホの「位置情報」機能がONなら、スマートフォンの現在位置を特定することができます。

なお、この画面上からも、着信音を鳴らす・端末をロックする・Googleアカウントからログアウトする・端末のデータを消去する、などの操作が可能です。

スマートフォンをロックする

スマートフォンの画面をロックして、ロック画面にスマートフォンの発見者へ向けたメッセージを表示することができます。

スマートフォンからログアウトする

紛失したスマートフォンをGoogleアカウントからログアウトさせて、他人がアクセスできないようにできます。

スマートフォンのデータを消去する

最終手段として、端末内のデータを削除することもできます。

あとがき

スマートフォンが紛失したときや、盗難に遭ったときのサービスは、ここで紹介したGoogleアカウントの機能以外でも、携帯会社やセキュリティ対策ソフトなどからも提供されています。

いざというときに慌てないためにも、スマートフォンを紛失した時に、どのサービスを利用して対応するかチェックしておきましょう。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る