CentOS7:MariaDBを10.2から10.3へアップグレードする

from:MariaDB.org

CentOS7上で稼働しているMariaDBを10.2から10.3へアップグレードする手順を紹介します。

なお、10.2と10.3の違いについては、以下のWebサイトが参考になるでしょう。

Upgrading from MariaDB 10.2 to MariaDB 10.3 - MariaDB Knowledge Base

アップグレード手順

既存データのバックアップ

万が一に備え、アップグレード実施前に、既存データと設定ファイルをバックアップしておきます。

データベースについては、以下のコマンドでバックアップします。

# mysqldump -u root -p --all-databases > /tmp/all_db_backup.sql 

設定ファイルについては、以下のファイルとディレクトリを別のディレクトリコピーしてバックアップしておきます。

  • /etc/my.cnf
  • /etc/my.cnf.d

MariaDBサービスの停止

バックアップが済んだら、Mriadbのサービスを停止します。

# systemctl stop mariadb

パッケージのアンインストール

既存のMariaDBパッケージをアンインストールします。

# yum remove MariaDB

依存関係により、意図せず他のパッケージがアンインストールされる可能性があるので、yumコマンド実行する際は「-y」オプションは付けずに実行し、何がアンインストールされるのか必ず確認しましょう。

repoファイルの編集

MariaDB用のrepoファイルの内容を、MariaDB10.3用に修正します。repoファイルは、通常であれば「/etc/yum.repos.d/MariaDB.repo」となります。

repoファイルの内容は、以下のサイトでOS・バージョンなどを選択することで作成することができます。

MariaDB - Setting up MariaDB Repositories - MariaDB

MariaDB10.3のインストール

repoファイルを作成したら、そのrepoファイルを指定してMariaDB10.3をインストールします。

# yum install --enablerepo=mariadb MariaDB-server MariaDB-client

設定ファイルの修正

インストールが完了したら、バックアップしておいた設定ファイル「my.cnf」と、設定ファイル用のディレクトリ「my.cnf.d」を元の場所に戻します。

なお、10.3用の新しい設定ファイルが作成されている場合は、既存の設定ファイルの内容との差分を確認して、新しい設定ファイルの方に必要な設定内容を入力します。

サービスの起動と自動起動設定

設定が完了したら、サービスを起動し、システム起動時に自動起動するように設定しておきます。

# systemctl start mariadb
# systemctl enable mariadb

システムテーブルのアップグレード

インストールしたMariaDBのバージョンに合わせてシステムテーブルをアップグレードします。

# mysql_upgrade -u root -p 

コマンドが正常に完了すれば、MariaDBのアップグレードは終了です。

あとがき

安定稼働しているサーバーでは、ソフトウェアのアップグレードはためらわれますが、新機能やパフォーマンスアップに期待できる場合もあります。

ここで紹介したように、カンタンな作業でアップグレードできるので、古いバージョンを利用されている方は、アップグレードにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

もちろん、何も起きないとは保証できませんが。。。

スポンサーリンク
おすすめコンテンツ
トップへ戻る