Google Chrome:ログイン情報の安全性を確認してくれる拡張機能(Password Checkup)

PCやスマホを利用していて、なにがしかのWebサービスを利用するのは、もはや当たり前になってきました。

Webサービスを利用する際は、ID/パスワードを入力してログインするのが一般的ですが、あなたが利用しているIDとパスワードは、本当に安全でしょうか。

つい最近も、オージス総研が運営する大容量ファイル送信サービス「宅ふぁいる便」のサーバが不正アクセスを受け、約480万件の顧客情報が流出し、流出した情報にはログイン情報なども含まれていたというニュースがありました。

このような漏えいしたログイン情報は、不正ログインなどに悪用される可能性がありますが、自分が利用しているID/パスワードの組み合わせが、漏えいしていないかを確認する方法を知っている方は少ないのではないでしょうか。

そんな時に便利なのが、米Googleが2月5日に無償公開してくれた「Google Chrome」の拡張機能「Password Checkup」です。

ここでは「Password Checkup」の使い方を紹介します。

「Password Checkup」とは

Password Checkup - Chrome ウェブストア

「Password Checkup」は、Webブラウザで入力したID/パスワードなどのログイン情報が漏えいしていないか診断して、漏えいの可能性がある場合は、その旨を通知しパスワード変更を促してくれるChrome拡張機能です。

Googleには、GoogleアカウントのID/パスワードの漏えいが検知されると、自動でパスワードをリセットする仕組みがあり、この検知の仕組みをGoogleアカウント以外でも利用できるようにしたのが「Password Checkup」だそうです。

ログイン情報が漏えいしていないかの診断は、Googleが認識している40億以上の漏えいしたログイン情報を基に行われており、また、ブラウザ上で入力したログイン情報は、Googleに知られることはないとのことなので、プライバシー面も考慮されているようです。

参考:Google Online Security Blog: Protect your accounts from data breaches with Password Checkup

「Password Checkup」の使い方

使い方はとても簡単で、拡張機能をインストールしておくだけで、Webサイト上で入力したID/パスワードを診断してくれます。

入力したID/パスワードに問題がなければ、アドレスバーの横に表示される拡張機能アイコンが「緑色」で表示され、安全であることが確認できます。

万が一、漏えいしたログイン情報が使われた場合には、以下の画像のような警告が表示され、パスワードの変更を促してくれます。

引用:Password Checkup - Chrome ウェブストアより

あとがき

ログイン情報は、どこから漏れるか予測できない面もあり、知らないうちに漏れていたということも十分にあり得ます。そうとは知らず、複数のWebサービスで漏えいしたログイン情報を利用し続けていると、とても危険な状態になります。

そのような万が一に備えて「Password Checkup」を導入しておけば、ログイン情報の安全性を確認できて安心できますね。

あなたへのおすすめコンテンツ
トップへ戻る