Webサービスの2段階認証には、認証アプリ「IIJ SmartKey」が便利ですよ。

最近では、Webサービスを利用する際に、セキュリティ強化のために二段階認証の設定を促されることが多く、実際に設定している方も多いのではないでしょうか。

多くのWebサービスで提供されている二段階認証では、スマートフォン向けの認証アプリを利用してワンタイムパスワードを生成する方法があり、とても便利ですが、認証アプリを利用する際に気を付けておくことがあります。

それは、機種変更などで認証アプリの再設定が必要になったときです。

スマートフォン向け認証アプリのほとんどは、サービスの登録情報をバックアップする機能が搭載されていないため、機種変更などで認証アプリを新たにインストールした際は、Webサービスの情報を一から登録し直さなければなりません。

Webサービスによっては、二段階認証を無効化して再度有効化した上で認証アプリに登録し直す必要があり、多くのWebサービスを登録してる場合、登録し直すのがとても大変です。

そこで、おススメしたいのがIIJが提供している「IIJ SmartKey」です。

ここでは、「IIJ SmartKey」の特長などを紹介したいと思います。

「IIJ SmartKey」とは

IIJ SmartKey|スライド認証・ワンタイムパスワード管理

「IIJ SmartKey」は、Googleアカウントをはじめとする多くのTOTP規格に準拠したサービスで利用できる認証用アプリで、株式会社インターネットイニシアティブが提供しています。

基本的な機能は、他の認証アプリと違いはなく、認証コードの生成がメインです。

Memo

株式会社インターネットイニシアティブは、日本の電気通信事業者で、日本でのインターネット創成期からインターネットサービスプロバイダー(ISP)として広く知られている企業です。

「IIJ SmartKey」の特長

「IIJ SmartKey」の特筆すべき特長は、登録情報をエクスポートできる点と、アプリそのものにパスコードを設定できる点かと思います。

登録情報のエクスポート

最も便利なのが「登録情報のエクスポート機能」です。

この機能では、登録しているWebサービスのQRコードを「エクスポート機能」で表示させることができます。つまり、機種変更などの時に、新しい端末側でQRコードを読み込むだけで、カンタンに再登録できます。

手順は、設定画面の「登録サービス」からエクスポートするサービスを選択して、編集画面で「設定エクスポート」をクリックします。

すると、QRコードが表示されるので、これを新しい端末にインストールした認証アプリで読み取れば、カンタンに再登録できます。

これで、煩わしい再登録がかなり楽になりますよ。

パスコードでセキュリティを強化

もう一つの特長としては、アプリの起動時やバックグラウンドからの復帰時にパスコードを入力するように設定できることです。これによりアプリのセキュリティを強化できます。

設定方法は、設定画面の「アプリケーションロック」で「パスコード」と「終了時にロックする」をオンにします。

基本的な使い方(認証コードの表示)

基本的な使い方は、画面下部に一覧表示されている登録済みのWebサービスから、目的のWebサービスをタップすれば、画面中央に認証コードが表示されるという感じです。

残り時間が数字で表示されているのも、分かりやすくてよいですね。

あとがき

他の認証アプリから「IIJ SmartKey」へ乗り換える時は、一から登録する必要がありますが、乗り換えてしまえば、万が一気に入らなくなっても、エクスポート機能を使って、カンタンに他の認証アプリへ乗り換えることもできますよ。

スポンサーリンク
おすすめコンテンツ
トップへ戻る