ブラウザに突然「システム破損」や「ウイルス感染」の表示がでたら慌てずに対応しよう

PCやスマートフォンでWebを閲覧していたら、突然ブラウザ上に「システムが破損している」や「システムがウイルスに感染している」などの画面が表示され、びっくりしたことがある人は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

これらのほとんどは「偽警告」と呼ばれ、利用者の不安をあおって不正なサイトへ誘導する詐欺手法で、最近急増しているようです。

ここでは、これらの「偽警告」がどういうものかや、騙されないための心構えを紹介します。

偽警告って何?

Webを閲覧していると、突然「お使いのコンピューターはウイルスに感染しています」「Windowsのシステムが破損します」といったポップアップやWebページが表示されることがあります。

例えば、次のような画面です。

これらは「偽警告」と呼ばれ、閲覧者の不安をあおるような画面を表示して、不正なサイトへ誘導する詐欺手法で、最近急増しています。

一昔前であれば、このような画面は、怪しいWebサイトを閲覧しているときに表示されることがほとんどでしたが、最近では、正規のWebサイトを閲覧しているときにも偽警告に遭遇する場合があります。それは、Webサイト上に掲載されている広告として表示されるためです。

Webサイトに掲載されている最近の広告は、アクセスするユーザーの趣味嗜好などに応じて最適な広告を表示する仕組みが採用されている場合があり、この仕組みを悪用され、偽警告が正規のWebサイトに広告として表示される場合があるのです。

偽警告に惑わされない

上で例として挙げた偽警告の画面をもう一度見てください。

そこには、Microsoftのロゴが表示されています。偽警告は、有名企業のロゴを使用したり、公式サイトに似せたデザインなどで、いかにも本物であるかのように装います。

また「すぐに修復しないと危険です」とか、カウントダウンを表示して、これでもかと危機感をあおってきます。これに騙されてしまうことがあります。

ここで、うっかり警告画面を信じて指示に従ってリンクをクリックしたりすると、不審なソフトやサポートを有償で購入するWebサイトへ誘導されたり、氏名・電話番号・メールアドレス・クレジットカード情報などの入力を迫られたりします。

偽警告は、画面が表示されるだけでは特に危険はないので、偽警告と疑われる画面が表示されたら、慌てて画面上のボタンをクリックしたりしないよう気を付けましょう。

偽警告を見極めるには

ITに関する知識があれば、表示内容だけでなく、アドレスバーのURLやリンクアドレスなど、周辺の情報から偽警告を見分けることもできますが、ITに関してそれほど知識がない場合、さまざまな表示パターンがある偽警告を判別するのは難しいかもしれません。

ですが、覚えておきたいのは、通常の環境でシステムが破損しているとか、ウイルスに感染しているなどの警告は、Webブラウザ上でいきなり表示されることはほぼない、ということです。

通常、PCにウイルスが入り込もうとしたり、危険なWebサイトを開こうとした場合、ブラウザ上ではなく、インストールしているセキュリティ対策ソフトが反応してくれます。

また、危険なサイトを開こうとした際に、Webブラウザ上に警告が表示されることもありますが、その場合は「ブロックしました」などのように結果だけがブラウザに表示されるだけです。

ブラウザ上に、スキャン、更新、修復などのボタンが表示されていて、クリックさせようとする画面や、カウントダウンが表示されている画面は、まず怪しいと思ったほうがよいでしょう。

偽警告が表示されたら

いずれにせよ、怪しい画面が表示されたら、その内容に惑わさず、落ち着いてブラウザを終了させることが一番の対処法ですね。

もし、ウイルス感染やシステムの破損などが心配なら、ブラウザを終了させた後にインストールしているセキュリティ対策ソフトや、信頼できるツールを利用してチェックするのが、より安全な対応だと考えます。

スポンサーリンク