SEO対策なら「Bing」もやっておいて損はないです。

Webサイトを運営していて、SEO対策と言えばGoogle検索を対象とすることが多いですが、検索エンジンには、Google以外にも「Bing検索」や「Yahoo!検索」などがあります。

Yahoo!検索は、Google検索と同じエンジンが使われているため、Google検索への対策を行っておけば問題ないようですが、Bing検索については個別の対策が必要です。

具体的な対策としては、まず「Bing Webマスターツール」にWebサイトを登録することです。

そこで、ここでは「Bing Webマスターツール」への登録方法と、基本的な使い方として「URLの送信」方法について紹介します。

「Bing Webマスターツール」とは

Bing - Web マスター ツール

「Bing Webマスターツール」は、Microsoftが提供している検索エンジン「Bing」に対して、自身が所有するWebサイトを最適化するためのツールで、Bing検索でWebサイトを上位表示させるためには、必須のツールと言えます。

Google検索での「Google Search Console」と同じ位置づけですね。

「Bing Webマスターツール」の利用を開始する

「Bing Webマスターツール」の利用を開始するには、次の手順で自身が所有するWebサイトを登録します。おおむね「Google Search Console」を利用するときと同じような流れです。

サインイン

まずは、以下のサイトへアクセスして「サインイン」をクリックします。

Bing - Web マスター ツール

サインインには、Microsoftアカウント以外にもGoogleアカウントやFacebookアカウントが利用できます。

Webサイトの追加

サインインすると、以下のような画面が表示されるので「サイトを追加」ボタンをクリックして、Webサイトを登録します。

Webサイトの情報を入力

以下のようなWebサイトの情報を登録する画面が表示されるので、情報を入力します。

入力必須項目は、サインインに利用したアカウントによっても異なるようですが、少なくとも「URL」「サイトマップの追加」「このサイトでトラフィックが最も多いローカル時刻はいつですか?」「メールアドレス」は入力しておきましょう。

入力が完了したら、右下の「保存」をクリックします。

サイト所有権の確認

最後に、登録したWebサイトの所有権を確認します。

Webサイトの所有権を確認する方法には、次の3種類が用意されており、いずれかの方法で所有権を確認します。

WebサーバーにXMLファイルをアップロード - XMLファイル「BingSiteAuth.xml」をダウンロードし、そのファイルを自分のWebサイトのルートディレクトリにアップロードします。

指定されたmetaタグをWebページに貼り付ける - 自分のWEBサイトの<head>セクション内に、指定されたmetaタグを追記します。

DNSにCNAMEレコードを追加する - 自分のWebサイトのドメイン名を名前解決しているDNSサーバーで、CNAMEを追加する必要があります。

ご自身の環境でやりやすい方法で良いと思いますが、一番簡単なのは「XMLファイルのアップロード」でしょう。

いずれかの方法でWebサイトの設定ができたら、画面下の「確認」ボタンを押して、サイト所有権を確認します。

確認が正常に完了すると、以下のようなダッシュボード画面に切り替わります。

以上で、登録完了はです。

Webサイトの登録が完了してから、検索エンジンにインデックスされるようになるまで、1週間ほどかかる場合もあるようなので、実際にアクセス増や検索順位などで効果を実感できるまでには、すくなくとも1ヶ月ぐらいかかると思っておいたほうが良いかもしれません。

「URL」の送信

上のダッシュボード画面をご覧いただくとわかるように「Bing Webマスターツール」には、Webサイトを分析したり、最適化するための機能がたくさんありますが、まずは、サイト更新時の「URL送信」は覚えておいたほうが良いでしょう。

URLの送信は、Google Search Consoleの「Fetch as Google」と同様の機能で、新しく投稿した記事などをすぐにインデックスさせたい時に利用します。

手順は、左メニューの「自分のサイトの設定」>「URLの送信」で、URLを入力して「送信」をクリックします。複数のページを送信することもできます。

なお、URLの送信は、ドメインごとに1ヶ月あたり最大50件、1日あたり最大10件の制限があります。

あとがき

Bingの検索エンジン全体での利用シェアは5%にも満たないといわれていますが、この5%の人たちに自分のWebサイトをより知ってもらうためにも、「Bing Webマスターツール」へWebサイトを登録しておいて損はないと思います。


参考:Search Engine Market Share Japan | StatCounter Global Stats

スポンサーリンク
おすすめコンテンツ
トップへ戻る