Google Chrome:さまざまな機能を素早く呼び出す内部アクセス用URL

軽快な動作と豊富な拡張機能で、Webブラウザのトップシェアを誇る「Google Chrome」では、アドレスバーに「chrome://」から始まる内部アクセス用のURLを入力することで、さまざまな情報を表示したり、細かな調整ができます。

ここでは、ぜひ覚えておきたい内部URLを紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Google Chrome 71.0.3578.98

覚えておきたい内部URL

これから紹介する内部URLの中で利用したいものがあれば、ブックマークに追加しておけば、すぐに実行できて便利ですよ。

URLコマンド 説明
chrome://settings 設定画面が開きます。
chrome://settings/clearBrowserData 閲覧履歴データの削除画面が開きます。
chrome://extensions 拡張機能画面が開きます。
chrome://bookmarks ブックマーク管理画面が開きます。
chrome://downloads ダウンロード履歴画面が開きます。
chrome://history 履歴画面が開きます。
chrome://apps Chromeアプリ画面が開きます。
chrome://version Chromeのバージョンを確認できます。
chrome://flags 試験的な機能の管理画面が開きます。
chrome://chrome-urls URLコマンドの一覧を確認できます。

あとがき

内部URL「chrome://chrome-urls」を実行すればわかるように、上で紹介した以外にもたくさんの内部URLがあります。

多くの内部URLは、一般ユーザー向けではなく、WebアプリケーションやWebページの開発者向けの機能ですが、上で紹介した内部URLは、ブックマークしておけば「Google Chrome」をより効率よく利用できるでしょう。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る