オンラインソフトを安全に安心して利用するための心得

インターネットには、有料・フリー・オープンソースなどの様々なオンラインソフトが公開されており、PCでオンラインソフトを利用している方も多いと思います。

オンラインソフトは、個人の方が作成して提供しているものから、有名な企業が提供しているものまで、実にさまざまです。

これらのオンラインソフトがすべて安全かというと、そうとは言い切れません。なかには、便利そうなソフトに見せかけて、悪意のあるソフトを導入しようとするものもあります。

そこでここでは、オンラインソフトを安全に利用する上で、注意するべき点を紹介します。

セキュリティ対策ソフトを導入していますか?

インターネットに公開されているオンラインソフトがすべて安全かというと、そうとは言い切れません。なかには、便利そうなソフトに見せかけて、悪意のあるソフトを導入しようとするものもあります。

そのようなソフトをダウンロードしてしまう場合に備えて、ダウンロードしたファイルのウイルスチェックができるよう、セキュリティ対策ソフトは必ず導入しておきましょう。

Windows10などでは、標準で「Windows Defender」が搭載されていますが、可能なら不審な通信を遮断する機能なども備えたセキュリティ対策ソフトを導入したほうが、より安心できるでしょう。

信頼できるオンラインソフトですか?

オンラインソフトの中には、利用はできるものの全然更新されていないソフトや、利用実績が乏しいソフトがあります。

そのようなソフトでも、問題なく利用できる場合もあれば、セキュリティの脆弱性が放置されたままになっていたり、動作に問題がある場合があります。

セキュリティの脆弱性が放置されたままのオンラインソフトを利用することは、不正アクセスに利用されたり、マルウェアに感染したりする危険性が高くなります。

また、利用実績の乏しいオンラインソフトを利用する場合、インターネット上の情報も少なく、利用時のトラブルを自力で解決する必要があります。

このような点を考慮すると、継続的に更新されており、利用実績が豊富(ネット上にそのソフトに関する情報が豊富にある)なオンラインソフトを利用するのがベターでしょう。

そのダウンロードリンクは正しいですか

オンラインソフトをダウンロードするときに注意が必要なのは、ダウンロードページに掲載されている広告です。

広告の中には、意図的にダウンロードリンクに見せかけた広告や、PCがマルウェアに感染しているといった危機感を煽るような表示をして、広告をクリックさせようとするものもあります。

そのような広告をクリックしてしまうことが、すべて危険というわけではないですが、広告のリンク先などから意図しないソフトをインストールしてしまったり、最悪の場合、マルウェアがインストールされる可能性もあるため、自分がクリックしようとしているリンクが正しいか十分確認しましょう。

リンクのURLは、リンクにマウスポインタなどを重ねるとWebブラウザーのステータスバーで確認できる場合もあるので、活用しましょう。

余計なソフトがインストールされていませんか?

オンラインソフトは、インストーラー形式で提供されている場合と、圧縮ファイル形式で提供されている場合があり、注意が必要なのは、インストーラー形式のオンラインソフトをインストールするときです。

インストーラー形式のオンラインソフトの中には、目的のソフトとは別のソフトが同梱(バンドル)されている場合があります。バンドルされる理由は、オンラインソフトの作者が広告収入を得るためなどさまざまですが、バンドルソフトをインストールしてしまうと、PCの設定が勝手に変更されたり、思わぬ結果になることがあります。

そのため、インストーラー形式のオンラインソフトをインストールするときは、インストールウィザードに記載されている内容をよく確認しながらインストールしましょう。

また、最近のソフトの中には「簡単インストール」や「カスタムインストール」など、インストール方法を選択できる場合がありますが、簡単そうな方を選ぶと、往々にして余計なバンドルソフトがインストールされてしまう場合があるので、できるだけ「カスタムインストール」を選択することをおススメします。

あとがき

「窓の杜」や「Vector」など、日本国内で有名なオンラインソフトのダウンロードサイトを利用することで、ある程度は安心してオンラインソフトを利用できますが、ここで紹介したことは、常に意識しておく必要はあるでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る