古いノートPCは、CloudReadyで甦るか?(導入編)

自宅にある古い低スペックのWindows7ノートPCを何とか有効活用できないかと検討し、まずはWindows10にアップグレードしてみたものの、動作が重い。。。

そこで、最近気になっていたオープンソースの「Chromium OS」をベースとした「CloudReady」を導入してみました。

ここでは「CloudReady」の導入手順を紹介したいと思います。

Memo

当初は、海外の有志が作成/配布しているChromium OSのビルド済みイメージファイルを利用予定でしたが、利用予定のノートPCのハードウェアがほとんど認識されなかったため、CloudReadyを利用することにしました。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
CloudReady 70.4.39

CloudReadyとは

CloudReadyは、neverware社が製品化したChrome OSと同じChromium OSがベースの軽量OSで、個人の場合は無料で利用できます。

Neverware

Memo

Chrome OSは、Googleが開発したOSでCloudReadyと同様にChromium OSがベースです。最近では、MicrosoftのWindows、AppleのmacOSに続く第3のOSとして注目されています。

CloudReadyは、ベースとなるOSがChrome OSと同じなので、多くの機能がChrome OSと似通っています。ただし、すべての機能が同じというわけではなく、Chrome OSに搭載されている機能のいくつかは、CloudReadyには搭載されていません。たとえば、次のような機能です。

  • Powerwash(初期化機能)
  • Google Play Storeの利用
  • Webページの自動翻訳
  • Geolocation機能

CloudReadyの主な利用シーンは、オンライン(インターネットにつながっている)環境での「Webの閲覧」や「Webアプリケーションの利用」です。

これは、一見不便なように聞こえますが、最近ではインターネット接続とWebブラウザさえあれば事足りることも多く、ブラウザさえあればOkという方にはうってつけのOSというわけです。

システム要件

neverware社のページでは、CloudReadyのシステム要件は次のように紹介されています。

Technical Details | Neverware Install Guide

  • プロセッサ:2007年より前の製品に搭載されているCPUでは、良好なパフォーマンスは期待できません。
  • メモリ:2GB以上
  • ストレージ容量:16GB以上
  • BIOS:USBメモリから起動できること
  • グラフィック:2007年より前の製品では、良好なパフォーマンスは期待できません。また、次のグラフィックスは、CloudReadyのパフォーマンス基準を満たしていません。Intel GMA 500、600、3600、3650

用意したもの

  • CloudReadyを動かすノートPC
    (製品:Acer Aspire one 753 CPU:Celeron Dual-Core U3400/1.06GHz/2コア メモリ容量:4GB ディスク:64GB SSD)
  • OSイメージを書き込むUSBメモリ(16GB)
  • 作業用マシン(ここでは、Windows10マシンを利用)
  • 作業用マシンでUSBメモリにOSイメージを書き込むためのツール「balenaEtcher」

balenaEtcherの入手

「balenaEtcher」は、OSなどのブータブルイメージを簡単なステップでSDカードやUSBメモリに書き込んでくれるオープンソースツールで、以下のサイトからダウンロードできます。

balenaEtcher - Home

CloudReadyの入手

CloudReadyのインストールイメージは、次の手順で入手します。

まずは、作業用マシンでCloudReadyの公式ページにアクセスして「GET STARTED」ボタンをクリックします

公式:Neverware

利用目的を選択する画面に移動するので「For personal, home use」の下に表示されている「GET THE FREE VERSION」ボタンをクリックします。

「Thanks for choosing CloudReady: Home Edition」ページが表示されるので、下にスクロールしていき、Step2の下段辺りにある、インストールイメージのダウンロードボタンをクリックしてインストールイメージを入手します。

今回は「DOWNLOAD 64-BIT」ボタンをクリックして、64ビット版を入手します。

Memo

CloudReadyを動かすPCに搭載されているCPUが64bitに対応しているかは、ネットで検索すれば容易に確認できるでしょう。

ファイルはZIP形式ファイルで、ファイルサイズは約1GBほどです。

Memo

「Thanks for choosing CloudReady: Home Edition」ページのStep2に記載されているように、Windows環境で起動用USBメモリを作成する場合は「USB Maker」というツールの利用が推奨されていますが、私の環境ではUSBメモリが認識されず利用できなかったので、インストールイメージをダウンロードして、別のツール「balenaEtcher」でUSBメモリに書き込みました。

CloudReadyの起動用USBメモリを作成

Memo

誤って他のUSBメモリに書き込むことがないように、作業前に他のUSBメモリは抜いておきましょう。

まず、作業用マシンで、ダウンロードしたファイル「cloudready-free-70.4.39-64-bit.zip」を解凍しておきます。

次に、作業用マシンにUSBメモリを挿して、balenaEtcherを起動します。

次のような画面が表示されるので「Select Image」ボタンをクリックして、先ほど解凍したフォルダーの中にある「cloudready-free-70.4.39-64-bit.bin」を選択します。

次に、書き込み先のUSBメモリに間違いがないか確認して「Flash」ボタンをクリックすれば書き込み開始です。(書き込み先USBメモリを変更する場合は「Chage」ボタンをクリックしてデバイスを選択します)

書き込みには約15分かかります。

書き込みが正常に完了したことを示す画面が表示されたら、balenaEtcherを閉じてUSBメモリを抜きます。

USBメモリからCloudReadyを起動して動作確認

CloudReadyをインストールするPCに、先ほど作成した起動用USBメモリを挿して、USBメモリからPCを起動させて、CloudReadyがPCのハードウェアを正常に認識して動作に問題がないかを確認します。

USBメモリからPCを起動する手順は、PCにより異なりますが、私のノートPCの場合は次のような手順でした。

まず、起動用USBメモリを挿してPCの電源ボタンを入れ、画面にメーカーロゴが表示されている間に「F12」キーを押します。

すると、以下のような起動デバイスを選択できる画面が表示されるので、ここでUSBメモリを指定します。

CloudReadyが無事に起動すると、次のような初期設定画面が表示されるので、言語・キーボード・ネットワーク・Googleアカウントなどの初期設定を行います。

初期設定中に「Anonymous Data Collection」画面が表示されます。ここでは、CloudReadyの品質向上のために匿名でのデータ提供に協力するかどうかを設定できます。

匿名でのデータ提供に協力するなら、そのまま「Continue」をクリックし、データ提供したくないなら、左下の「Send metrics to help improve CloudReady」のチェックを外してから「Continue」をクリックします。

初期設定が完了すると、次のようなデスクトップ画面が表示されるので、動作確認を行います。

動作確認では、以下のように内蔵デバイスが認識されているかを確認しておくことをお勧めします。

  • 有線LAN、無線LANが利用できるか
  • マウス、タッチパッドが正常に動作しているか
  • キーボードが正常に動作しており、日本語入力できるか
  • サウンドが鳴っているか
  • 内蔵カメラが利用できるか(「カメラ」アプリをインストールして起動することで確認できます)
  • 画面の明るさ調節、音量調節ができるか など

細かな問題はちょっと触っただけではなかなか発見できないので、心配な場合は、1週間ほどUSBメモリからの起動で使ってみて、問題がないようであればCloudReadyをPCにインストールするのが安心かもしれません。

CloudReadyをPCにインストールする

まずは、USBメモリからCloudReadyを起動させ、画面右下のタスクトレイ部分をクリックし、表示された画面で「Install OS」をクリックします。

「CloudReady Installer」画面が表示されるので、右下の「INSTALL CLOUDREADY...」ボタンをクリックします。

次の画面で、右下の「ERASE HARD DRIVE & INSTALL CLOUDREADY」をクリックするとインストールが開始されます。所要時間は20分ほどです。

Memo

英語で繰り返し記載されていますが、CloudReadyをPCにインストールすると、PCに保存されている既存のデータはすべて削除されます。

インストールが完了すると、PCが自動的にシャットダウンされるので、起動用USBメモリを外してPCを起動します。CloudReadyが無事起動できたらインストールは完了です。

なお、USBメモリからの起動時に行ったCloudReadyの初期設定は、再度実施する必要があります。

CloudReadyの使用感については、以下の記事で紹介しています。

古いノートPCは、CloudReadyでChromebook化したら甦るか?(利用編)
自宅にある古い低スペックのWindows7ノートPCに「Chrome OS」のオープンソース版である「Chromium OS」の派生OS...

あとがき

CloudReadyは、製品化されてるだけあって、ハードウェアの認識率は高い印象です。

一昔前のノートPCやネットブックなどの有効活用方法の一つとして、検討の余地はありそうです。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る