仕事や勉強に集中したいときの音(BGM)選び

仕事や勉強をするときは、無音よりも多少の音(50デシベル程度)を聞いていたほうが、仕事や勉強の効率がアップすると言われています。(50デシベルは、静かなオフィスの中ぐらいの騒音レベルです)

では、どんな時にどんな音(BGM)を聞くのが効果的か、ネットに掲載されている情報や、実際に自分で試してみた結果を基に紹介したいと思います。

仕事や勉強で集中したいときの参考にしてみてください。

仕事や勉強の前は

仕事や勉強の前のコンディション作りには「音楽を聴くこと」が良い効果をもたらしてくれるといわれています。

音楽を聴くことは「癒し」「ストレス軽減」「リラックス効果」「やる気アップ」「テンションアップ」など、気持ちや心にいい影響を与えてくれる効果があります。

たとえば、自分の好きな音楽やアップテンポな曲を聞けば、やる気がアップしたり、クラシックなどのゆったりしたテンポの音楽を聞けば、気持ちが落ち着いたりリラックスできるといった感じです。

単純な作業や、慣れた作業のときは

繰り返しなどの単純作業や、慣れた作業を行うときも、好きな音楽やアップテンポな音楽を聴くことが、仕事や勉強の効率を上げてくれるといわれています。

単純作業や慣れた作業は、どちらかというと退屈な気分になりがちですが、好きな音楽やアップテンポの音楽を聴くことで、そんな退屈な気分が和らぎ、結果として効率アップにつながることが多いようです。

集中力が必要な作業のときは

集中力が必要とされる勉強や仕事をするときは、雨音や波音、川のせせらぎなどの自然の音を聞くのがよさそうです。

クラッシックなどの歌がない音楽を聞きながらという方もいると思いますが、集中力が必要とされる作業をするときは、音楽だと意識が音楽に向いてしまうことがあり、集中の妨げになり仕事や勉強の効率が落ちることが多いようです。

あとがき

ネット上には、仕事や勉強の効率が上がるBGMがたくさん紹介されていますが、どのような仕事や勉強をするのかによってBGMを使い分ければ、より効率アップできるのではないでしょうか。

あなたへのおすすめコンテンツ
トップへ戻る