Windows10:シャットダウンと再起動は使い分けよう

PCの動作が不安定なときなどに、環境をリセットする方法として「シャットダウン」や「再起動」は有効な方法ですが、Windows10ではシャットダウンと再起動の動作が異なります。

「シャットダウン」と「再起動」の違い

Windows10では「シャットダウン」から起動という工程では、「高速スタートアップ」という機能が適用されます。

「高速スタートアップ」は、Windowsが正常に起動した状態を保存しておくことで、次回の起動を高速化する機能です。そのため、環境が完全にはリセットされないようです。

PC動作が不安定なときなどに、環境をリセットする場合は「シャットダウン」ではなく「再起動」を選択したほうが良いようです。

おまけ

既定のシャットダウン時の動作「高速スタートアップ」を無効化することができます。

「コントロールパネル」→「電源オプション」→「システム設定」にある「シャットダウン設定」で、「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックボックスをオフにします。(下の画像をご参照ください)

まとめ

私もWindows7を使っていた頃は、環境をリセットするには「シャットダウン」の方が良いと考えていました。「高速スタートアップ」は正常時は便利な機能ですが。