Windows10:知っていると便利な機能

Windows10には知っていると便利な機能がたくさんあります。ここではその中からこれは便利だと思う機能を厳選して紹介したいと思います。これで作業効率アップ間違いなし!かもです。

便利機能

クイックアクセスメニュー

各種管理ツールへすばやくアクセスできるショートカットメニューとして「クイックアクセスメニュー」があります。「スタート」ボタンを右クリックするか、[Windows]キー+[X]キーで表示できます。

素早いウィンドウ操作

アクティブウィンドウ以外を最小化

アクティブウィンドウのタイトルバーをマウスでドラッグしたまま、左右に小刻みに動かすと、そのウィンドウ以外がすべて最小化されます。また、同じ操作を再度実行すれば元の状態に戻ります。

アクティブウィンドウをデスクトップの半面に表示する

アクティブウィンドウのタイトルバーをマウスでドラッグしたまま、画面の左端、もしくは右端まで移動します。するとウィンドウがデスクトップの半面に表示されます。

アクティブウィンドウをデスクトップの1/4面に表示する

アクティブウィンドウのタイトルバーをマウスでドラッグしたまま、画面の四隅のいずれかまで移動します。するとウィンドウがデスクトップの1/4面に表示されます。

タスクバーアプリをショートカットキーで起動

タスクバーに登録しているアプリは、左から[Windows]キー+[数字]キーで起動できます。たとえば、以下のように並んでいる場合「Microsoft Edge」は[Windows]キー+[2]キーで起動できます。

アイコンのサイズを微調整

デスクトップのなにもないところをクリックし[Ctrl]キーを押しながらマウスホイールを回転させると、任意の大きさにアイコンサイズを変更できます。

タスクバーに「デスクトップ」を配置

複数のウィンドウを開いて作業していると、デスクトップ上にあるアイコンにアクセスしづらくなります。そのようなときのために、タスクバーに「デスクトップ」を配置しておくと、タスクバーからデスクトップのアイコンに素早くアクセスできます。

タスクバーにデスクトップを追加するには、タスクバーのなにもないところを右クリックし「メニュー」から「ツールバー」→「デスクトップ」をクリックで、タスクバーにデスクトップが追加されます。

ファイルの拡張子を表示する

Windows10では、標準設定で「ファイルの拡張子」は表示されないようになっていますが、拡張子を表示させファイルの種類を把握しておくことは、セキュリティ対策として重要です。

ファイルの拡張子を表示するには「エクスプローラー」を起動し「表示」タブ→「オプション」をクリックします。

「フォルダーオプション」画面で「表示」タブ→「詳細設定」で「登録されている拡張子は表示しない」のチェックをOFFにします。

ファイルのパスをクリップボードへコピー

ファイルやフォルダーのパスをテキストで取得したいときには、対象のファイル、もしくはフォルダーを選択した状態で、[Shift]キーを押しながら右クリックします。

コンテキストメニューから「パスのコピー」をクリックすると、クリップボードに対象のファイル、もしくはフォルダーのフルパスがコピーされます。

まとめ

上に挙げた便利機能は、知っていると普段の操作をちょっぴり効率化できます。ほんの少しの効率アップも、塵も積もればなんとやらです。

スポンサーリンク