Windows10:標準の日本語入力機能を使いやすく設定(Microsoft IME)

Windows10に標準搭載されている日本語入力機能「Microsoft IME」は、デフォルトの設定のままだと、少々使いづらい部分があります。

ですが、ほんの少し設定を変えたり、便利機能を知っているだけで他のIME(「Google日本語入力」など)をインストールしなくても十分使い勝手のよいIMEに変身します。

ここでは「Microsoft IME」でカスタイマイズしたい項目や便利機能をピックアップして紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Professional 64bit 1809

予測入力設定を変更

予測入力とは、文字を入力したときに、候補となる文字を予測し表示してくれる機能です。候補として表示される文字は、デフォルトでは入力履歴やシステム辞書のデータを基にしています。

ここでおススメする設定は次の2つです

予測候補を表示するまでの文字数

デフォルトでは、1文字目を入力すると予測候補が表示される設定になっていますが、1文字から予測候補を表示させると、表示される候補の信頼性はいまいちだったり、候補の表示が入力の邪魔になる場合があります。

そこで、予測候補を表示するまでの文字数を3文字目ぐらいに変更します。これによって表示される候補の信頼性もあがり、入力の邪魔になることも少なくなると思います。

設定を変更するには、まずタスクトレイの「Microsoft IME」アイコンを右クリックして、メニューから「プロパティ」をクリックします。

プロパティ画面が開いたら、左下の「詳細設定」をクリックします。

「詳細設定」画面で「予測入力」タブをクリックして「予測候補を表示するまでの文字数」に文字数を入力し「OK」をクリックします。

予測候補を表示するまでの文字数は、個人的には3文字目ぐらいがちょうどよいと思いますが、好みで調整してみてください。

クラウド候補を利用する

固有名詞、トレンドのキーワード、専門用語などの変換精度は、Google日本語入力と比べて遅れいているといわれていましたが、「Microsoft IME」でもクラウド(Bing)からの予測入力候補を利用することができるようなり、変換精度がかなり上がっています。

クラウド候補を利用するには、先ほどと同じ「予測入力」タブで「予測入力サービス」から「クラウド候補」のチェックをオンにして「OK」をクリックします。

不要な予測候補を消す

予測入力では、入力履歴からも候補を表示していますが、誤った入力や誤変換の履歴によって不要な候補が表示されてしまうことがあります。そんなときは、不要な候補を削除することで、必要な候補を選びやすくします。

不要な予測候補を削除するには、不要な予測候補を選択し、候補の右側に表示されている×ボタンか[Ctrl]+[Delete]キーを押すことで、その候補を削除することができます。

不要な候補を削除すると、必要な候補を選びやすくなります。

単語を登録する

人名など特殊な読みの単語は変換候補に表示されないことがあります。そんなとき、毎回一文字ずつ漢字を入力してもよいのですが、よく入力するなら単語登録しておくことをおススメします。

単語登録しておけば、変換時に候補として表示されるようになり、毎回一文字ずつ入力しなくてよくなり便利です。

カンタンに単語登録する方法は、まず登録したい単語をコピーします。

次に、IMEがONの状態で「Ctrl」+「F7」キーを押すと、先ほどコピーした単語が入力された状態で単語登録画面が表示されるので、読みや品詞を入力して「登録」ボタンをクリックすれば、すぐに登録ができます。

予測候補を調べる

予測候補として表示された言葉をBingで検索することができます。専門用語など事前に調べておきたいときに便利です。

検索を実行するには、予測候補の右側に表示されている虫眼鏡アイコンをクリックします。すると、Webブラウザ「Microsoft Edge」が起動して、Bingでの検索結果が表示されます。

検索結果画面:

Memo

Windows10バージョン1809で確認したところ、検索プロバイダーの追加画面はあるものの、追加はできず「Bing」以外での検索はできないようです。

プライベートモードを活用

「プライベートモード」では、入力履歴が蓄積されないため、同じアカウントをほかの人も使う共用パソコンなどで、入力履歴などを知られたくない場合に役立ちます。

「プライベートモード」は、デフォルトでオフに設定されているので、オンにするときはタスクトレイのIMEアイコンを右クリックして、メニューから「プライベートモード」をクリックして「オン」を選択します。

「プライベートモード」がオンの時は、タスクトレイのIMEアイコンに鍵マークがつきます。

Memo

ちなみに、Microsoft Edgeの「InPrivateウィンドウ」を使うときには、Microsoft IMEが連動して自動的にプライベートモードに切り替わります。プライバシーに気を使う必要がある場合に、ブラウザの閲覧履歴だけでなく入力履歴も残さないよう自動的に設定できるのは、純正機能だからこそできる連携かもしれません。

あとがき

Windows10の「Microsoft IME」は、出始めた頃は動作の遅さなどもありイマイチな感じでしたが、Windows10バージョン1809では、ほぼストレスなく利用できるまでに進化しており、クラウド候補などを併せて利用すれば、他のIMEに引けを取らない使い勝手の良さだと思います。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る