Windows10 PCの動作が遅くなってきたときはディスクをチェックしてみよう。

Windows10に限った話ではありませんが、PCを長年使っていると、最初のころに比べて、だんだん動作が遅くなってくることがよくあります。

遅くなる原因はさまざまですが、おもな原因としては、ディスクにごみデータが溜まっていたり、ディスクの健康状態に問題がある場合があります。

そこで、ここでは、ディスクの健康状態をチェックして、ディスクを最適な状態にする方法を順に紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1809

ディスクの健康状態をチェック

HDDやSSDには、自分の健康状態をチェックするためのS.M.A.R.T(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)という自己診断機能が搭載されています。この機能をチェックすることにより、ディスクの健康状態を確認することができます。

S.M.A.R.Tをチェックするツールとしては「CrystalDiskInfo」がおすすめです。このツールを利用して、まずはディスクの健康状態をチェックしましょう。

ダウンロード | CrystalDiskInfo | Crystal Dew World

「CrystalDiskInfo」を実行すると、搭載されているHDDやSSDの健康状態が一覧表示されます。健康状態が「注意」や「異常」と表示された場合は、そのディスクに故障の予兆が出ている可能性があります。

ディスクの健康状態に異常がなければ、次の「ドライブのエラーチェック」に進みます。

故障の予兆が出ている場合は、ドライブのエラーチェックは行わないで、速やかに大事なデータをバックアップして、ディスクを交換することをおススメします。

ドライブのエラーチェックは、ディスクに負荷がかかるため、故障の予兆が出ているディスクに対してエラーチェックを実施すると、負荷によりディスクにとどめを刺してしまう可能性があります。

ドライブのエラーチェック

最近では、HDDやSSDの信頼性が向上しており、ドライブのエラーチェックを実行する機会も少なくなりましたが、それでもたまにファイルが読めなくなったりするエラーが発生することがあります。

このような場合、物理的な故障でなければ、ドライブのエラーチェックを行うことで修復することが可能です。

ドライブのエラーチェックを行うには、エクスプローラーでチェックするドライブを右クリックして、メニューからプロパティを選択して、プロパティ画面を表示します。

プロパティ画面の「ツール」タブにある「エラーチェック」から「チェック」ボタンをクリックします。

不要なデータの削除

ディスクやドライブに問題がなさそうなら、次は不要なデータを削除します。

ソフトウェアのアンインストール

まずは、利用していないソフトウェアをアンインストールします。

「設定」>「アプリ」から「アプリと機能」画面を開き、利用していないソフトウェアを選択して「アンインストール」をクリックします。

アンインストールしてよいかわからない場合は、そのまま残しておきましょう。

一時ファイルを削除する

次に、Windows10に標準搭載されている「ストレージセンサー」機能を利用して、Windowsの不要なデータを削除します。

Memo

以前のWindowsでは、不要なデータを削除するときの機能として「ディスククリーンアップ」が用意されていましたが、今後、この機能の利用は非推奨となり、いずれ廃止される予定のようです。
Windows 10 and Storage Sense | Storage at Microsoft

「設定」>「システム」から「ストレージ」画面を開き、「ストレージセンサー」セクションにある「今すぐ空き容量を増やす」をクリックします。

一時ファイルがリストアップされるので「ファイルの削除」ボタンをクリックして、一時ファイルを削除し空き容量を増やします。

なお、デフォルトでチェックがOFFになっている項目については、必要に応じてチェックをONにして、削除したくないデータがある場合は、該当項目のチェックをOFFにしてから「ファイルの削除」ボタンをクリックします。

デフォルトでチェックがONの項目は、次のとおりです。

  • WindowsUpdateのクリーンアップ
  • 縮小表示
  • インターネットの一時ファイル
  • 一時ファイル
  • DirectXシェーダーキャッシュ

デフォルトでチェックがOFFの項目は、次のとおりです。

  • 配信の最適化ファイル
  • ダウンロード
  • システムによって作成されたWindowsエラー報告ファイル
  • 一時Windowsインストールファイル

ドライブの最適化

Windows10では、HDDやSSDに対して一定のタイミングで自動的に最適化(HDDならデフラグ、SSDならTrim)が実行されていますが、状況によっては長期間実行されない場合があるので、不要なデータを削除した際は「ドライブの最適化」を手動で実行しておきます。

Memo

Trimは、SSDの最適化を実行するコマンドです。SSDではディスク上に残骸データが多くなってくると、新しいデータを書き込む前に、いったんこの残骸データを削除してから書き込みを行うため、待ち時間が発生してしまいます。Trimは、この残骸データをあらかじめ削除しておき、すぐにデータを書き込めるようにしてくれる機能です。

スタートメニューのプログラム一覧から「Windows管理ツール」>「ドライブのデフラグと最適化」をクリックします。

「ドライブの最適化」画面が開いたら、対象となるドライブを選択して「最適化」ボタンをクリックします。

最適化にかかる時間は「最後の実行」の日が最近ならそれほど時間はかからないでしょう。長期間実行されていない場合は、時間がかかることが予想されますので、その場合は時間に余裕があるときに実行するようにしましょう。

以上で、ディスクのお掃除は完了です。

Windows10を初期化する

上記をすべて実行しても、PCの動作が良くならない場合は、Windows10を初期化してクリーンインストール状態に戻することで、改善する可能性があります。

Windows10を初期化する方法については、以下の記事をご覧ください。

Windows10を「新たに開始」で初期化する
Windows10の動作がおかしくなった時に、正常な状態に戻す方法としてWindows10にはさまざま方法が用意されています。 そのな...

ハードウェアリソース不足をチェック

Windows10を初期化しても良くならない場合は、ハードウェアリソースが足りていない可能性があります。

その場合は、タスクマネージャーを起動して、CPU使用率・メモリ使用量・ディスク使用率をチェックして、リソース不足のハードウェアがないか確認してみてください。

あとがき

ディスク(ドライブ)を最適な状態に保つことは、PCを長く快適に利用するために必要な作業ですので、ここで紹介した作業を2年に一回ぐらいは実施することをおススメします。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る