Windows10:スタート画面をもっと使いやすくしましょう。

Windows10は、これまでのWindowsOSとは異なり、年に2回のアップデートごとにいろんな新機能が搭載されて、どんどん進化しています。

そのため、普段使っていないけれど実は便利な機能がたくさんあります。

そんな中から今回は「スタート」画面のカスタマイズについて紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Professional 64bit 1809

スタート画面の大きさを変える

「スタート」画面は、普通のウィンドウのように大きさを変えることができます。以前のWindowsOSを使っていた方なら新鮮さを感じるのではないでしょうか。

スタート画面の大きさを使い方に応じて変えれば、より使いやすくなると思います。

通常の大きさ

デフォルトのスタート画面は次のような感じです。左側にアプリの一覧が表示されて、右側にはいくつかのタイルが表示されています。

スタート画面を小さくする

たとえば、アプリの起動用としてだけ使う場合は、スタート画面を最小サイズにすればシンプルでコンパクトなスタートメニューになります。

ライブタイルを非表示にする

さらに、ライブタイルも不要の場合は、スタート画面に表示されているライブタイルを右クリックして「スタートからピン留めを外す」ことで、ライブタイルのないシンプルなスタート画面にすることもできます。

すべてのタイルをなくしたスタート画面は、以下のようになります。

スタート画面を大きくする

メールやカレンダーなど、さまざまな情報をスタート画面でチェックしたいなら、スタート画面を大きくして、タイルの表示領域を広げることで、より多くの情報を表示することができます。

なお、スタート画面の大きさの限界は、デスクトップ解像度などにより変わります。

タイルの大きさを変える

一つ一つのタイルの大きさは、タイルを右クリックすることで変えることができます。

スタート画面を全画面にする

もっと大きくしたい場合は「設定」から「個人用設定」>「スタート」で「全画面表示のスタートメニューを使う」をオンにすることで、スタート画面が全画面表示になります。

サイドメニューをカスタマイズ

スタート画面の左側には個人用の「ドキュメント」「ピクチャー」や「設定」を開くためのアイコンがありますが、ここに表示するアイコンもカスタマイズできます。

表示するアイコンは「設定」から「個人用設定」>「スタート」>「スタートに表示するフォルダーを選ぶ」でオン/オフを切り替えられます。

あとがき

Windowsマシンでの作業をより効率よく行うために、スタート画面も使いやすいようにカスタマイズしてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめコンテンツ
トップへ戻る