Windows10の動作がおかしいときは「イベントビューアー」をチェックしてみよう。

Windows10の動作がおかしいときは「イベントビューアー」をチェックしてみよう。

Windows環境では、OSやアプリケーションなどの動作状況がログとして記録されており、ログを収集・確認するための管理ツールとして「イベントビューアー」が用意されています。

Windowsやアプリの動作がおかしくなったときは、往々にしてエラーログが記録されており、イベントビューアーでログを確認することで、原因調査に役立てることができます。

そこでここでは、Windows10を例にイベントビューアーの使い方を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit1809

イベントビューアーの使い方

「イベントビューアー」は、「スタート」メニュー「Windows 管理ツール」>「イベントビューアー」から起動します。

Windows10の動作がおかしいときは「イベントビューアー」をチェックしてみよう。

起動すると次のような画面が表示されます。

Windows10の動作がおかしいときは「イベントビューアー」をチェックしてみよう。

イベントビューアーを起動したら、次のような流れでログを確認します。

  1. ①でログの種類を選択します。
  2. ①で選択した種類のログが、②に一覧表示されるので、確認したいログを選択します。
  3. ③に選択したログの内容が表示されるので、表示内容を確認します。
  4. エラーなどで調査が必要な場合は、③に記載されているイベントソース・イベントID・ログの内容などを基にします。

Windows10の動作がおかしいときは「イベントビューアー」をチェックしてみよう。

ログを絞り込む

イベントビューアーでは、上の画像の①に表示されているように、ログが種類ごとに整理されていますが、ログの種類は問わずエラーログだけを確認したいときなど、違う切り口でログを確認したいときのために「カスタムビュー」機能があります。

ここでは、カスタムビューの作成方法には触れませんが、イベントビューアーには、デフォルトで「管理イベント」というカスタムビューが登録されており、このカスタムビューを選択すると、ログの種類は問わず重大/エラー/警告のログだけを抽出してくれます。

Windows10の動作がおかしいときは「イベントビューアー」をチェックしてみよう。

WindowsやWindows上のアプリの動作がおかしいときは、カスタムビュー「管理イベント」を確認することで、どこで何が発生しているのかをある程度把握することができます。

あとがき

普通に動いているように見えても、内部ではエラーが発生していることもあるので、たまにはイベントビューアーでエラーなどが発生していないか確認してみることをおすすめします。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ