Windows10:なんかおかしい、そんなときは「イベントビューアー」

Windows10にかぎった話ではないですが、Windowsマシンを長年利用していると、たまに動作がおかしくなることがあります。そんなときに、原因を探るための王道ツールとして挙げられるのが、管理ツール「イベントビューアー」です。

ここでは「イベントビューアー」の基本的な見方を紹介します。

「イベントビューアー」とは

WindowsやWindows上で動いているアプリの多くは、さまざまな情報をログに記録しており、イベントビューアーは、それらのログを収集・確認するための管理ツールです。

WindowsやWindows上で動いているアプリの動作がおかしくなったときは、往々にして「イベントビューアー」にエラーログが出力されており、ログの内容を確認することで、原因を特定できたりします。

基本的な使い方

「イベントビューアー」は、「スタート」メニュー「Windows 管理ツール」>「イベントビューアー」から起動します。

起動すると次のような画面が表示されます。

通常は、次のような流れでログを確認します。

  1. ①でログの種類を選択します。
  2. ①で選択した種類のログが、②に一覧表示されるので、確認したいログを選択します。
  3. ③にログの内容が表示されるので、表示内容を確認します。
  4. エラーなどで調査が必要な場合は、③に記載されているイベントソース・イベントID・ログの内容などを基にします。

「カスタムビュー」で対象のログを絞り込む

「イベントビューアー」では、上の画像の①に表示されているように、ログが種類ごとに整理されていますが、ログの種類は問わずエラーログだけを確認したいときなど、違う切り口でログを確認したいときのために「カスタムビュー」機能があります。カスタムビューを利用することで、簡単にログを絞り込むことができます。

ここでは、カスタムビューの作成方法には触れませんが、イベントビューアーには、デフォルトで「管理イベント」というカスタムビューが登録されています。「管理イベント」では、ログの種類は問わず重大/エラー/警告のログだけを抽出してくれます。

WindowsやWindows上のアプリの動作がおかしいときは、「管理イベント」を確認することで、どこで何が発生しているのかをある程度把握することができます。

あとがき

普通に動いているように見えても、内部ではエラーが発生していることもあるので、たまにはイベントビューアーを確認してみることをおすすめします。

スポンサーリンク
おすすめコンテンツ
トップへ戻る