Windows10:言葉や文章で伝えきれないときは「Microsoft Whiteboard」で

メール(文章)や電話(言葉)を使って相手に意図を伝えようとしても、うまく伝えきれないことがあります。そんなときに、図や絵を使って伝えることができたら便利だと思いませんか?

それを叶えてくれるツールが、Microsoftからストアアプリとして提供されている「Microsoft Whiteboard」です。「Microsoft Whiteboard」を使えば、インターネット経由でホワイトボードを共有でき、ホワイトボードに書き込んだり貼り付けたりした内容をお互いで見ながら伝えることができます。

ここでは「Microsoft Whiteboard」の使い方を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1809
Microsoft Whiteboard 18.11121.2564.0

インストール

「Microsoft Whiteboard」はストアアプリとして提供されているので「Microsoft Store」からインストールします。

なお、本アプリはまだプレビュー版のようです。

基本の使い方

まず、本アプリを利用するには、MicrosoftアカウントかOffice365アカウントが必要になります。ここでは、Microsoftアカウントでログインしていることを前提に進めます。

「Microsoft Whiteboard」を起動したら、真ん中に表示されている「新しいホワイトボードの作成」をクリックします。

新しいホワイトボードが開くので、ここでさまざまな書き込みツールを利用してホワイトボードへ書き込みます。

ホワイトボードへ書き込んだ内容は自動的のクラウド上に保存されており、起動画面に一覧表示されるので、いつでも再利用が可能です。

豊富な書き込み機能

ホワイトボードへ書き込む機能は次のとおりです。

ホワイトボードの下部には、ペン・蛍光ペン・消しゴム・定規・選択ツールがあり、フリーハンドで描画することができます。

上のペンツールの左にあるチェックマークをクリックすると、ペン以外の機能ボタンが表示され、画像の貼り付け・付箋の追加、クリップボードからの貼り付け、カメラによる撮影などが可能です。

ホワイトボードを右クリックすると現れるメニューからは、クリップボードからの貼付け、画像ファイルの貼り付け、カメラによる撮影、付箋の追加、キーボードからの入力が可能です。

また、右上の歯車ボタンからは、フリーハンドの線を図形や表に変換する機能、ホワイトボードに背景色をつけたりグリッドを表示したりする機能があります。

使用してみた感じでは、機能面で物足りなさはないように感じます。

ホワイトボードの共有

ホワイトボードを共有すると、共有相手もホワイトボードへ書き込むことができます。なお、共有相手側でも「Microsoft Whiteboard」を起動できる状態にしておく必要があります。

ホワイトボードを他のユーザーと共有するには、ホワイトボード右上にある参加者を追加するためのボタンをクリックして「Web共有リンクをオンにする」をオンにします。

オンにするとリンクアドレスが表示されるので「リンクのコピー」をクリックしてリンクアドレスをコピーして、相手に伝えます。

相手側でリンクアドレスをWebブラウザで開くと、次のような画面が表示されるので「Whiteboardセッションに参加」をクリックします。

すると、参加者側にもホワイトボードが表示され、お互いの画面右上に参加者のアイコンが表示されます。


 
これで参加者もホワイトボードに書き込むことができます。お互いが書き込んだ内容は、ほぼリアルタイムに相手側のホワイトボード画面に反映されます。

あとがき

相手と顔を合わせることが難しくても、このアプリがあれば、文章や言葉だけに比べて格段に伝えたいことが伝えられそうです。

お互いがWindows10の「Microsoft Whiteboard」アプリを使える状態であるという前提条件はありますが。。

トップへ戻る