Windows 11バージョン22H2の隠されたテーマを有効化する方法

MiniTool_ad

Windows 11バージョン22H2の隠されたテーマを有効化する方法

2022年にバージョンアップしたWindows 11バージョン22H2では、さまざまな新機能が搭載されていますが、新機能の中には内部的には追加されていても、一般的なユーザーには隠されている機能や、一部の環境でしか利用できない機能があります。

その一つとして、学校などの教育機関で、管理者が多数のデバイスをすばやくパーソナライズできるようにすることを目的としたテーマが存在していることが、Microsoftのサポート記事で公開されました。

Configure education themes for Windows 11 - Windows Education | Microsoft Learn

そこでここでは、Windows 11バージョン22H2で隠されたテーマを有効化して利用できるようにする方法を紹介します。

テーマとは

テーマとは、Windows 11のデスクトップの背景・色・サウンド・マウスカーソルをまとめて設定してくれる機能で、Windows 11を素早く自分用にカスタマイズできます。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows 11 Pro22H2

隠しテーマを有効化する

Windows 11バージョン22H2で隠しテーマを有効化する手順は、次のとおりです。

管理者権限でPowerShellまたはコマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを実行します。

C:\> REG ADD "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\PolicyManager\current\device\Education" /f /v EnableEduThemes /t REG_DWORD /d 1

コマンド実行後「この操作を正しく終了しました。」と表示されれば設定完了です。

Windows 11バージョン22H2の隠されたテーマを有効化する方法

Windows 11を再起動すれば、テーマのダウンロードが開始されるので、しばらく待ってからWindowsの「設定」から「個人用設定 」>「テーマ」を開けば、隠されたテーマが表示され、選択できるようになっているはずです。

Windows 11バージョン22H2の隠されたテーマを有効化する方法

隠しテーマは全部で6種類あり、それぞれのテーマを適用したときの画面は、以下のとおりです。

Windows 11バージョン22H2の隠されたテーマを有効化する方法 Windows 11バージョン22H2の隠されたテーマを有効化する方法

Windows 11バージョン22H2の隠されたテーマを有効化する方法 Windows 11バージョン22H2の隠されたテーマを有効化する方法

Windows 11バージョン22H2の隠されたテーマを有効化する方法 Windows 11バージョン22H2の隠されたテーマを有効化する方法

なお、隠しテーマを無効化状態に戻すときは、管理者権限でコマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを実行します。

C:\> REG ADD "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\PolicyManager\current\device\Education" /f /v EnableEduThemes /t REG_DWORD /d 0

あとがき

いずれのテーマも洗練されており、自分のWindows 11の外観をカスタマイズしたいときには、有効化して試してみてはいかがでしょうか。