Windows版Chromeブラウザで覚えておきたいショートカットキー

Windows版Chromeブラウザで覚えておきたいショートカットキー

軽快な動作と豊富な拡張機能で、Webブラウザのトップシェアを誇る「Google Chrome」には、キーボードからの操作が可能な「ショートカットキー」があります。

ショートカットキーは覚えるまでは面倒ですが、覚えてしまえばマウスクリックで操作するのに比べ、格段に効率的な操作が可能になります。

ここでは、Windows版のChromeブラウザで、覚えておきたいショートカットキーを厳選して紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Google Chrome71.0.3578.98

効率アップ間違いなしのショートカットキー

ここで紹介するショートカットキーは、覚えておけば効率アップ間違いなしです。

ショートカットキー説明
Ctrl+d開いているページをブックマークします。
Ctrl+fページ内をキーワード検索できます。
Ctrl+t新しいタブを開きます。
Ctrl+p印刷ダイアログを表示します。
Ctrl+wアクティブタブを閉じます。
Ctrl+Tab次のタブに移動します。
Ctrl+Shift+Tab前のタブに移動します。
F5ページを再読み込みします。
Ctrl++ページを拡大します。
Ctrl+-ページを縮小します。
Ctrl+0ページをデフォルトのサイズに戻します。
Ctrl+Shift+t最後に閉じたタブを開きます。

あわせて覚えておきたいショートカットキー

上のショートカットキーに追加して、次のショートカットキーも覚えておけばさらに効率アップに期待できるでしょう。

ショートカットキー説明
Ctrl+Shift+qGoogle Chromeを終了します。
Ctrl+h履歴を表示します。
Ctrl+jダウンロード履歴を表示します。
Ctrl+uページのhtmlソースを表示します。
F11ページを全画面で表示します。
F12デベロッパーツールを開きます。
Ctrl+Shift+nシークレット・ウィンドウを開きます。

あとがき

Chromeブラウザに限らず、OSやアプリケーションにはショートカットキーが用意されていることが多いでですが、ついつい直感的に操作できるマウス操作に頼ってしまいがちです。

覚えるまで少し時間は掛かりますが、ショートカットキーは覚えてしまえば格段の作業効率をアップできます。ぜひ活用してみてください。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ