iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法

iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法

スマートフォンで紙の書類をスキャンしてPDF化したい場合、Androidなら別途アプリをインストールするのが一般的ですが、iPhoneなら標準搭載アプリだけでPDF化できるのをご存じでしょうか?

そこでここでは、iPhoneに標準搭載のアプリを使って紙の書類をPDF化する方法を紹介します。

Android端末で紙の書類をPDF化するなら「Adobe Scan」がおすすめ
ここでは、Android端末で紙の書類をPDF化したり文字認識するときに便利なアプリ「Adobe Scan」を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他の機種やバージョンでは、操作方法や動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

機種バージョン
Apple iPhone8iOS16.1.1

カメラアプリで紙の書類をPDF化する

手っ取り早くPDF化したいときは標準搭載のカメラアプリを利用します。

まず、ホーム画面やAppライブラリなどから「カメラ」をタップしてアプリを起動して、PDF化したい紙の書類を写真として撮影します。

iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法 iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法

撮影した写真は、カメラアプリ画面の左下にサムネイルとして表示されているのでタップします。

iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法

撮影した写真が表示されるので、画面左下の共有アイコンをタップし、表示されたメニューから「プリント」を選択します。

iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法 iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法

印刷のプレビュー画面が表示されるので、画面上部の共有アイコンをタップして、共有先として「"ファイル"に保存」などをタップします。

ちなみに、共有メニュー画面の上部をご覧いただくとわかるように、この時点で画像はPDF形式に変換されています。

iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法 iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法

以上で、紙の書類をPDFファイルとして保存できます。

メモアプリで紙の書類をPDF化する

iPhoneのメモアプリは、手書きや図形、写真など、さまざまな形式でメモが記録できる標準搭載アプリで、紙の書類をスキャンしてPDF化することができます。

まず、ホーム画面やAppライブラリなどから「メモ」をタップしてアプリを起動します。

iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法

メモアプリを起動したら、メモの保存フォルダとして「iPhone」または「iCloud」を選択してから、画面右下の「新規作成」アイコンをタップします。

iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法 iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法

メモの新規作成画面が表示されるので「カメラ」アイコンをタップして、メニューから「書類をスキャン」を選択します。

iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法

カメラが起動するので、PDF化したい書類を映すと紙の四隅をiPhoneが自動的に認識してシャッターを切ってくれます。(手動でシャッターを切ることもできます。)

また、紙の傾きやゆがみも自動的に調整してくれます。

iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法

撮影された画像の編集画面が表示され、画面下のメニューからはトリミングや色の調整、回転といった調整ができ、撮影結果が不満なときは右上の「再撮影」をタップしてやり直せます。

調整が完了したら、画面左上の「完了」をタップします。

iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法

カメラ画面に戻るので、他に撮影する書類がある場合は上の手順を繰り返し、すべての書類を撮影し終えたら「保存」をタップします。

iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法

スキャンした書類がメモに貼り付けられるので、タップして編集画面を表示し、画面上部の「共有」アイコンをタップして、共有先として「"ファイル"に保存」などをタップすれば、PDFファイルとして保存できます。

iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法 iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法

「書類をスキャン」メニューが表示されないときは

メモアプリで「書類をスキャン」などのメニューが表示されないときがあります。

iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法

これは、メモアプリを起動しメモを保存するフォルダを選択する画面で「iPhone」または「iCloud」を選択していないことが原因です。

なお、保存先に「iPhone」や「iCloud」が表示されていないときは、以下の手順で追加できます。

保存先に「iPhone」を追加するときは、iPhoneの「設定」から「メモ」をタップして、メモアプリの設定画面で「"iPhone"アカウント」をオンに設定します。

iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法

保存先に「iCloud」を追加するときは、iPhoneの「設定」から「Apple ID」>「iCloud」を順にタップして「iCloudを使用しているAPP」の一覧から「メモ」を選択して「このiPhoneを同期」をオンに設定します。

iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法 iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法

以上で、メモアプリを開きなおせば、iPhoneやiCloudが保存先フォルダとして追加されているはずです。

iPhoneに標準搭載のアプリで紙の書類をPDF化する方法

あとがき

手っ取り早くPDF化したいときはカメラアプリで、トリミングや紙の傾き/ゆがみ、色など最低限の調整は行ったうえでPDF化したいならメモアプリを利用するのが良いでしょう。

なお、ここで紹介した方法はいずれも画像をPDFファイル化しているだけなので、PDF化する際にテキストの認識(OCR)も行いたい場合は「Adobe Scan」などのサードパーティーアプリを利用するのが良いでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。