Windows10の基本:IE11やEdgeの閲覧履歴(ブラウザキャッシュ)をサクッと削除する

Webブラウザを利用してると、まれに表示がおかしくなったりすることがあります。そんなときに、まずやるべきことは閲覧履歴(ブラウザキャッシュ)を削除することです。

先日、別の記事で「Google Chrome」のブラウザキャッシュを削除する方法を紹介しましたが、ここでは、Windows10に搭載されているMicrosoftの純正ブラウザ「Microsoft Edge」と「Internet Explorer(IE11)」で、閲覧履歴を削除する方法を紹介します。

Google Chrome:ブラウザキャッシュを削除する方法
Webページ制作していると、Webサーバ側でページを更新したのにWebブラウザで見ると更新されてないことがあります。その原因の一つとして...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Professional 64bit 1809

閲覧履歴の削除方法

「Microsoft Edge」や「IE11」では、「Ctrl」+「Shift」+「Del」キー(キーボードの「Ctrl」キーと「Shift」キーを押しながら「Del」キーを押す)で、閲覧履歴の削除画面をすぐに表示できます。

Chromeだと削除画面にたどり着くのが大変でしたが、純正ブラウザだけあってショートカットキーからすぐに開けるのはうれしいですね。もちろんメニューからたどって削除画面を表示することもできます。

IE11の場合

IE11を起動して、上で紹介したショートカットキーを押すか、右上の「ツール] ボタンから「セーフティ」>「閲覧の履歴の削除」の順にクリックして削除画面を表示します。

「閲覧履歴の削除」画面で、削除する項目にチェックを入れて「削除」ボタンをクリックすれば、閲覧履歴が削除されます。

一番上の「お気に入りWebサイトデータを保持する」にチェックを入れると、お気に入りに登録しているWebサイトのCookieとインターネット一時ファイルは保持されます。このデータも削除する場合はチェックを外します。

Microsoft Edgeの場合

Microsoft Edgeを起動して、上で紹介したショートカットキーを押すか、アドレスバーの右にある「お気に入り」ボタンをクリックし「履歴」>「履歴のクリア」の順にクリックして削除画面を表示します。

「閲覧データの消去」画面で、削除する項目にチェックを入れて「クリア」ボタンをクリックすれば、閲覧履歴が削除されます。

まとめ

閲覧履歴を削除する必要性は、通常の利用ではほとんどないと思いますが、Web制作を行っている場合は、多かれ少なかれその必要性があると思いますので、ショートカットキーは覚えておいて損はないですよ。

スポンサーリンク