Windows10の基本:IE11(Internet Explorer11)の起動方法

Windows10では、標準のWebブラウザが「Microsoft Edge」となっており、タスクバーには「Microsoft Edge」しか表示されていません。

ですが、世の中にはIE11(Internet Explorer11)でしか正常に動作しないWebサービスやWebアプリもあり、Windows10でもIE11を使いたい場合があります。

そこで、ここではWindows10でIE11(Internet Explorer11)を起動する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Professional 64bit 1809

起動方法

実は、Windows10でもIE11(Internet Explorer11)はひっそりと存在しています。

起動方法は「スタートメニュー」を開き「アプリの一覧」の「Windowsアクセサリ」の中にある「Internet Explorer」をクリックすることで、IE11が起動します。

IE11(Internet Explorer11)がない場合

何らかの理由でIE11がインストールされていない場合は「Windowsの機能の有効化または無効化」からIE11をインストールすることができます。

「Windowsの機能の有効化または無効化」画面を開くには、まず「スタート」メニューを右クリックして、メニューから「アプリと機能」をクリックします。

「アプリと機能」画面が開いたら、一番下までスクロールして「プログラムと機能」をクリックします。

「プログラムと機能」画面の左側にある「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。

「Windowsの機能の有効化または無効化」画面で「Internet Explorer」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックすれば、IE11がインストールされます。

インストールが完了したら、先ほどの起動方法でIE11を起動できるようになります。

まとめ

「Internet Explorer」のようなレガシーなブラウザとは早々におさらばしたいものですが、企業などではIEに依存したサービスやアプリがいまだに現役のこともあり、ひっそりとでも搭載してくれているのはありがたいですね。

スポンサーリンク