メジャーな画像形式(フォーマット)とその特徴まとめ

メジャーな画像形式(フォーマット)とその特徴まとめ

最近では、写真などの画像ファイルを扱うことも当たり前になってきていますが、画像ファイルには様々な形式(フォーマット)があり、形式によってその特徴が異なります。

そこでここでは、以下に挙げるメジャーな画像形式それぞれの特徴や最適な利用シーンを紹介します。

  • BMP
  • GIF
  • JPEG
  • PNG
  • TIFF
  • SVG
  • WebP
  • AVIF

BMP(Microsoft Windows Bitmap Image)

メジャーな画像形式(フォーマット)とその特徴まとめ

BMP(Microsoft Windows Bitmap Image)は、MicrosoftがWindows向けに開発した非圧縮の画像形式で、表現できる色数は一般的にはフルカラー1670万色に対応しています。

BMP形式では、画像データが圧縮されていないため、元画像の再現率が高いですが、データ容量が大きいという特徴があり、Webサイトやメール添付には不向きな画像です。

GIF(Graphics Interchange Format)

メジャーな画像形式(フォーマット)とその特徴まとめ

GIF(Graphics Interchange Format )は、可逆圧縮の画像形式で、表現できる色数は最大256色に対応しています。

GIF形式は、256色という限られた色にしか対応していないため、おもにアイコンややボタン画像など、使用色数の少ない画像への使用に適した形式で、背景を透明にしたり、動きをつけたアニメーション画像などを作成することもできます。

JPEG(Joint Photographic Experts Group)

メジャーな画像形式(フォーマット)とその特徴まとめ

JPEGは(Joint Photographic Experts Group)は、非可逆圧縮の画像形式で、表現できる色数はフルカラー1670万色に対応しています。

JPEGは、主に色数の多い写真などの画像に適したファイル形式で、デジタルカメラなどではデフォルトの保存形式となっている場合が多いです。

なお、非可逆圧縮のため、画像の編集/保存を繰り返すと画質が劣化します。

PNG(Portable Network Graphics)

メジャーな画像形式(フォーマット)とその特徴まとめ

PNG(Portable Network Graphics)は、可逆圧縮の画像形式で、表現できる色数はフルカラー1670万色に対応しています。

PNGは、GIF形式で実現できる「背景透過」の機能を持ちながら、GIFの「256色」という制限を解消した形式として開発され、イラストや図などを画像形式で保存する際によく利用されます。

なお、可逆圧縮のため、画像の編集/保存を繰り返しても、元の画質を維持できるメリットがありますが、JPEGやGIFに比べて若干データ容量が多いです。

TIFF(Tagged Image File Format)

メジャーな画像形式(フォーマット)とその特徴まとめ

TIFF(Tagged Image File Format)は、可逆圧縮の画像形式で、表現できる色数はフルカラー1670万色に対応しています。

TIFFは、名前のとおり、「タグ」と呼ばれる識別子を付けて、複数パターンの画像表現をひとつのファイルとして保存でき、JPEG形式よりは滑らかな画質で撮影でき、高解像度が必要なプロ用のデジタルカメラや、スキャナーなどでの取り込み時に利用されることがあります。

なお、可逆圧縮のため、画像の編集/保存を繰り返しても、元の画質を維持できるメリットがありますが、データ容量はかなり大きくなります。

SVG(Scalable Vector Graphics)

メジャーな画像形式(フォーマット)とその特徴まとめ

SVG(Scalable Vector Graphics)は、ベクター形式の画像で、画像や文字などの2次元情報が数値として記録されており、ブラウザなどがその場で描画しています。

そのため、拡大縮小で画質が劣化することがなく、アイコンや地図、平面的なイラスト用として使用されることが多いです。

また、SVG形式は、あとから色やサイズの変更が必要になったときに専用の画像ソフトで編集することなく、WebページならCSSでサイズや色を変更でき、アニメーションや透過といった処理も可能です。

WebP

メジャーな画像形式(フォーマット)とその特徴まとめ

WebPは、Webサイト上の画像をJPEGやPNGなどの従来の形式より高画質のままデータサイズを小さくするために、Googleが開発した画像形式で、可逆圧縮と非可逆圧縮のいずれかを選択できます。

Googleの開発者によると、可逆圧縮されたWebP形式画像のサイズは、PNG形式に比べて最大26%小さくなるということです。

また、WebP形式は、アニメーションや背景の透明化にも対応しています。

AVIF(AV1 Image File Format)

メジャーな画像形式(フォーマット)とその特徴まとめ

AVIF(AV1 Image File Format)は、動画圧縮形式の「AV1」と同様の方法で画像を圧縮し、HEIF形式として保存する画像形式で、可逆圧縮と非可逆圧縮のいずれかを選択できます。

AVIFは、従来の画像形式と比較して高い圧縮率を誇っており、同等画質のJPEG形式の画像ファイルと比べて、約95%以上のサイズ削減が可能とも言われており、次世代の画像形式として期待されています。

また、AVIF形式は、アニメーションや背景の透明化、HDR(ハイダイナミックレンジ)カラーにも対応しています。

あとがき

WebPやAVIFといった新しい画像形式は、圧縮率も高くファイルサイズもコンパクトにできる反面、汎用性という面ではJPEGやPNGといった従来の形式に劣る部分もあるので、適材適所で使い分けるのが賢明でしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。