Chromeブラウザの閲覧履歴(閲覧データ)を削除する方法

Chromeブラウザの閲覧履歴(閲覧データ)を削除する方法

Webブラウザには、閲覧したWebページのデータやフォームに入力したデータ、Cookieなどが履歴として保存されていますが、まれに保存されている閲覧履歴データが原因でWebページの表示がおかしくなったりすることがあります。

そのようなときは、保存されている閲覧履歴を削除することで、トラブルを解決することができます。

そこでここでは、最もメジャーなWebブラウザ「Google Chrome(以下、Chromeブラウザ)」で閲覧履歴を削除する方法や、閲覧履歴を経由せずにWebページを表示する方法を、Windows環境とAndroid環境を例に紹介します。

Microsoft Edgeの閲覧履歴(閲覧データ)を削除する方法
ここでは、Microsotが提供している人気のWebブラウザ「Microsoft Edge」で閲覧履歴を削除する方法を、Windows環境とAndroid環境を例に紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows向けGoogle Chrome103.0.5060.114
Android向けGoogle Chrome103.0.5060.71

閲覧履歴を削除する

Windows環境の場合

Windows向けのChromeブラウザで閲覧履歴を削除する手順は、次のとおりです。

Chromeブラウザを起動して、右上の「︙」をクリックして、メニューから「設定」を選択します。

Chromeブラウザの閲覧履歴(閲覧データ)を削除する方法

設定画面が表示されるので、画面左側のメニューから「プライバシーとセキュリティ」を選択して、画面右側の「閲覧履歴データの削除」をクリックします。

Memo

設定画面からたどるのが面倒なときは「Ctrl+Shift+Del」キーを押すことで「閲覧データの削除」画面を直接表示できます。

Chromeブラウザの閲覧履歴(閲覧データ)を削除する方法

「閲覧履歴データの削除」画面が表示されるので、上部から「詳細設定」を選択してから、どの期間のデータを削除するかや削除する項目を選択して「データを削除」をクリックします。

  • 時間の範囲 - 1時間以内・過去24時間・過去7日間・過去4週間・全期間から選択
  • 削除できる項目 - 閲覧履歴・ダウンロード履歴・Cookieと他のサイトデータ・キャッシュされた画像とファイル・パスワードとその他のログインデータ・自動入力フォームのデータ・サイトの設定・ホストされているアプリデータから選択

Chromeブラウザの閲覧履歴(閲覧データ)を削除する方法

以上で、指定した期間の閲覧履歴が削除されます。(保存されているデータ量によっては、削除に少し時間がかかることがあります。)

なお、Chromeブラウザに複数のプロファイルを作成している場合は、プロファイルごとで実施する必要があります。

Android環境の場合

Android向けのChromeブラウザで閲覧履歴を削除する手順は、次のとおりです。

Edgeブラウザを起動して、画面下部中央の「…」をタップして、画面下部に表示されるメニューから「設定」をタップします。

Chromeブラウザの閲覧履歴(閲覧データ)を削除する方法

設定画面が表示されるので、メニューから「プライバシーとセキュリティ」をタップします。

Chromeブラウザの閲覧履歴(閲覧データ)を削除する方法

「プライバシーとセキュリティ」画面が表示されるので、メニューから「閲覧データをクリア」をタップします。

Chromeブラウザの閲覧履歴(閲覧データ)を削除する方法

「閲覧履歴データの削除」画面が表示されるので、上部から「詳細設定」を選択してから、どの期間のデータを削除するかや削除する項目を選択して「データを削除」をタップします。

  • 時間の範囲 - 1時間以内・過去24時間・過去7日間・過去4週間・全期間から選択
  • 削除できる項目 - 閲覧の履歴・Cookieとサイトデータ・キャッシュされた画像とファイル・保存したパスワード・自動入力フォームのデータ・サイトの設定から選択

Chromeブラウザの閲覧履歴(閲覧データ)を削除する方法

以上で、指定した期間の閲覧履歴が削除されます。(保存されているデータ量によっては、削除に少し時間がかかることがあります。)

閲覧履歴を経由せずにWebページを表示する

特定のWebページでのみ表示関連のトラブルが発生しているような場合は、いちいち閲覧履歴データを削除しなくても、閲覧履歴として保存されているキャッシュデータを経由せずにWebページを表示させる方法があります。

なお、この方法はパソコン版のChromeブラウザ限定です。

ハード再読み込み

一つ目の方法は「ハード再読み込み」と呼ばれる方法で、Chromeブラウザで対象のWebページを開いた状態で「Ctrl+F5」キーを押します。

ハード再読込み+α

もう一つの方法は「ハード再読込み」と対象のWebページのキャッシュデータの削除を同時に実行する方法で、表示関連のトラブル時はこちらの方法を実行するのがより確実です。

手順は、Chromeブラウザで対象のWebページを開いた状態で「F12」キーを押して、デベロッパーツールを起動します。

デベロッパーツールはウィンドウの下部などに表示されます。

Chromeブラウザの閲覧履歴(閲覧データ)を削除する方法

デベロッパーツールが表示されたら、アドレスバーの脇にある再読み込みボタンを右クリックし、メニューから「キャッシュの消去とハード再読み込み」をクリックします。

Chromeブラウザの閲覧履歴(閲覧データ)を削除する方法

これで、対象のWebページに関するキャッシュデータが削除された後にWebページが読み込まれます。

あとがき

Webブラウザを長く利用している、保存されている閲覧履歴データが原因で思わぬトラブルに見舞われることがあります。

そのようなときは、ここで紹介している閲覧履歴を削除する方法や、閲覧履歴を経由せずにWebページを表示する方法が役立つでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。