Windows10: 機能更新プログラムを手動でインストールする(更新アシスタント編)

Windows10では、年に2回「機能更新プログラム」と呼ばれる大型アップデートが行われます。直近では「Windows10 October 2018 Update」の配信が開始されています。

通常は、Windows Update経由で配信されるのを待っていれば良いのですが、新しい機能をいち早く試したい場合など、手動で更新したほうが良い場合があります。

そこで、ここでは「機能更新プログラム」を手動で適用する方法を紹介します。

手動更新方法

「機能更新プログラム」を手動で適用する方法には「更新アシスタント」を使った方法と、「メディア作成ツールで作成したインストールメディア」を使った方法の2通りあります。

更新アシスタント

「更新アシスタント」を使う場合は、インターネットに接続されていることが前提となります。

安定したインターネット環境があり、同時に更新するマシンが少なければ「更新アシスタント」を利用するのが手っ取り早いです

インストールメディア

「メディア作成ツールで作成したインストールメディア」を使う場合は、インターネットに接続されていない状態(オフライン)で更新できます。

インターネットへの接続スピードが遅い環境で更新・同時に複数台のマシンを更新・オフライン環境でマシンを更新などの場合は「インストールメディア」から更新したほうが確実で効率も良いと思います。

「メディア作成ツールで作成したインストールメディア」を使った方法については、別記事で改めて紹介したいと思います。

更新アシスタントを使った更新

ここでは、例として「更新アシスタント」を利用して「Windows10 October 2018 Update」を適用する手順を紹介します。

以下のWebページをWebブラウザで開き「今すぐアップデート」ボタンをクリックします。

Memo

以前の更新ツールがインストールされている場合も、再度インストールします。また、以前の機能更新プログラムをインストールしていなくても、直接「October 2018 Update」へアップデートできます。

Windows 10 のダウンロード

「Windows10更新アシスタント」をダウンロードする通知バーが表示されるので「実行」をクリックします。

ダウンロード→インストール→「Windows10更新アシスタント」の起動まで自動的に進み、「Windows10更新アシスタント」画面が表示されるので、画面の指示に従い進めます。

更新プログラムのダウンロードと展開には、1時間ほどかかります。

更新プログラムの準備が完了すると、適用のためにマシンを再起動するよう促されます。そのままの状態で放置していても30分後に自動的に再起動しますが、すぐに再起動する場合は右下の「今すぐ再起動」をクリックします。

マシンが再起動すると、更新プログラムの適用が始まり、更新完了までにマシンが数回自動的に再起動されます。更新にかかる時間はマシンスペックにもよりますが、30分~90分ぐらいと思われます。

更新プログラムの適用がほぼ終わると、ログオン画面が表示されるので、いつものユーザーでログオンします。

すると最後の適用処理が実行され、完了すると「Microsoft Edge」が起動し、以下のような画面が表示されるので「日本(日本語)」を選択し「Get Started」ボタンをクリックします。

今回のアップデートに関するリンクが表示されるので、必要に応じて各リンクをクリックして確認します。確認が済んだら「Microsoft Edge」は閉じて構いません。

デスクトップには、更新アシスタントの画面も表示されているはずなので、以下のように正常に更新された旨のメッセージが表示されていることを確認し「終了」ボタンをクリックします。

以上で更新完了です。

更新結果の確認

最後にOSのバージョンが正しく更新されているか確認します。

「スタート」メニューから「設定」>「システム」を開き、左ペインの「バージョン情報」をクリックし、右ペインの「Windowsの仕様」欄を確認します。

「Windows10 October 2018 Update」では、バージョンは「1809」なので、そのように表示されていればOKです。

ちなみに、バージョン確認は「スタートメニュー」右にある検索ボックスに「winver」と入力し[Enter]キーを押すことで表示される「Windowsのバージョン情報」画面でも確認できます。

まとめ

インターネット接続可能なWindows10マシンで、台数が少なければ「更新アシスタント」を使うことで手っ取り早く更新できると思います。

いち早く新機能を利用したい方はお試しあれ。